MADAM-ZOO [別館] madamzoo.exblog.jp
ゾロくん、脱走から捕獲、顛末(長いです)
お騒がせしまして本当に申し訳ありません。
簡略に報告だけさせて戴きましたが、ゾロくん無事捕獲しました。
備忘も兼ねて顛末書きます。

22日の昼過ぎ、里親さんから連絡があり、「ゾロが失踪しました。。。」と。
失踪???脱走じゃなくて失踪???
当然ながら頭の中はハテナになったんですが、
「出掛けた先なんです」と。
どこですか?と聞いたら、
「上野原です、(東京から見たら)相模湖の方です」と。
私の脳内に浮かぶ、相模湖周辺の様子…
山です…そりゃ脱走というより失踪という言葉の方が近いかもですね。
今まで、里親さん宅から猫が脱走してしまったというケースはZEROではないのですが、
自宅とは全く別な場所で、しかも山で、完全に行方不明。。。
これはさすがに全く経験もありませんし、時期も時期、
ゾロくんが死んでしまうっ!!と、私もかなり取り乱してしまいました。

で、一番最初に思い浮かんだのが、2年前の11月に山で脱走してしまったふぁーふぁちゃんの事。
ふぁーふぁちゃんの話は勿論リアルタイムで聞いてはいたのですが、
具体的に何をどうやったという事は聞いておらず、慌ててゆきももこに連絡。
そうしたら、元々は、ねこさま王国のありこさん情報があるようだと言うので、ありこさんに連絡。
ありこさん、代々木のイベント前日でお忙しいのに細かく丁寧に教えて下さいました。
山で猫を捜索する場合、
ごく薄いビニール袋に匂いの強いドライを入れ、
地面から15-20cm離して吊るすんだそうです。
この仕掛けを複数個所に点在させ、毎日全部チェックし、
食べられているか・食べられてるならビニールにどういう痕跡が残っているか、
それを繰り返して猫のいる場所を何となく絞っていく、と。
(絞れたら捕獲器登場。)
かなり大変な作業ですが、なるほど!!ですよね。
教えて戴いた銘柄のドライを即購入、袋も準備。
ゾロくんの特徴が分かる画像を探し、ポスターとチラシも準備。
物理的距離があり過ぎて土地勘は勿論、何も情報がないし、得る事も難しい為、
色々な方にネットで情報拡散をお願いし。
ふぁーふぁちゃんママからも連絡を戴き、他にも色々教えてもらいました。

23日はルナトンさんが有り難い事に車を出して下さって、
山部分の捜索を手伝って下さり、
(地元の人だってわざわざ入る場所じゃなく、私達には当然負荷高ミッション。。。)
ふぁーふぁちゃんパパママも現地に来て下さって、
チラシ配布とポスター貼り、聞き込みをして下さった上に、
ふぁーふぁちゃんの時にやった事をまとめたファイルまで…!!
里親さんとtana夫は滑り落ちるしかないような崖を下っておおまかにゾロくん失踪方向散策。
装備が甘くてとても入れないので、程々でやめてもらいましたが。
1平方メートル確認するだけでも余裕で30分はかかるような場所、と言えば想像つきますかね…。。。
でも、どうも脱走箇所付近がアヤシイ、山側でなく民家側にいるんじゃないか、
山と民家の際で固まってるんじゃないか、という予想も結構あり、脱走箇所付近をくまなく探し。
結局、この日はそれで終了でした。
里親さんが現地に張り付く事になっていたので、
一人の時にもしゾロくんを発見した場合の対処、捕獲器の使い方、次の日やる事の確認、、、
アタマ朦朧としながらも必死で伝えて。。。
姿を確認できず、もし山方向に行ったら命があるかも分からず…、、、
まだ脱走箇所近辺にいるかもしれないという予想よりも、
「もしも」の事があまりに重くて、ルナトンさんが気遣ってくれる帰路の車中で泣き入ってました。。。

24日は仕事がどうしても休めず、早退も出来ず、
現地に張り付いてる里親さんに職場からこそこそメールし。
そうしたらお昼頃「(脱走箇所付近に)ゾロっぽい猫がいた」と。
民家のある場所なので当然野良ちゃんは複数いまして、
絶対にゾロくんかどうか、とにかく確認して下さいと言いつつも、
里親さんがそれっぽいと見る位なんだからきっとゾロくんだ…と。
案の定、ゾロくんでした。
崖から落ちて大変な事にならず、きちんと民家側に留まってくれてた…生きてた…(T▽T)(T▽T)(T▽T)
しかも脱走箇所付近という事はセオリー通り、脱走してすぐ固まったんですね。
里親さんがずっとゾロくんを呼びながら捜し歩いたのも早めの生存確認になったかと思います。
脱走した子の居場所が判明した場合、そこからさくっと捕まるか、1-2週間とかかかるか、
どちらかと言えば1-2週間はかかるのが殆どなんですが、
さくっといくかもしれない…という期待があって、
でもダメなら…という暗くなる先もあって、
逡巡した末、すんごい強引にルナトンさんに「私を山に置いてきて下さい」と。。。
前日あれだけやってもらい、平日の深夜に何て酷いお願いをする私…。。。
色々あるのにOKと言ってくれたルナトンさん。。。
ゾロくんが視認できた後にFさんというボラさんが現地に行ってくれて捕獲をトライして下さってたんですが、
全くこちらを見向きもしない、、、と。
すんごく少しだけ里親さんの呼掛けにのみ反応しているか?位だ、、、と。
ありとあらゆるモノを出してもダメだ、、、と。
夜中と、25日もそんな感じでした。
というか、25日は明け方一度出てきたきり全く姿現さなくなり。。。
ずっと、民家側に移動したさそうな素振りをみせていたので、
(山側と民家側の際はあんまり居心地良くなさそうな?)
まさか少し移動した?と、別な不安が頭をもたげました。。。
そうそう移動はしないと頭では思っても、絶対ないとも確信持てず。
さくっとコースではなく、1-2週間コースならば、作戦としても立て直す部分は必要だし、
里親さんも憔悴の色が益々濃くなるし(当たり前ですが)。。。
ゾロくんの行動は、殆どがセオリー通りなんですが、表面上で見えるモノが変…
秋になって紅葉するのは同じだけど水色に変わったみたいな違和感。
自分がよく見知ってる子だから「何この変な在り方は!?」と余計に思ったのかもしれません。
とにかく、長期化しそうな気配もあり、里親さんには平日頑張ってもらわなければならない…
(私は週末しか張り付けない。。。)
なので一旦帰投してそれぞれ自宅でちょっとでも眠って、26日、また現地に赴きました。
私は入院させたチャミーが気になったのでお見舞いに行ってから向かったのですが、
一足先に到着した里親さんが「(脱走箇所の)茂みにゾロがいます!」と。
はー、、、良かった、移動してなかった。。。
移動した場合に備えてもう少しきちんとチラシを配布したい場所があったので、
それなら人手は多い方がいいと、(再び)Fさん、それからのまねこさんに現地に来て戴く事になっていました。
幸いにも二人とも捕獲できる猫ボラさん、捕獲の手筈は二人がうまくセッティングして下さる筈。。。
そうして到着した現場、まだ茂みの中にゾロくんいました。
Fさん・のまねこさんが、茂みの中に捕獲器を仕掛け、その上、七輪でサンマとイカまで焼いて、
ばたばたと匂いを送ってました…が、ゾロくん捕獲器に入る気配はない、と。。。
無闇に追い詰めても逆効果どころか危ない事もあるので、
自主的に動いてくれるのをじりじり待つしかありません。
茂みの中のゾロくんにこんこんとお説教してみたり(ちょっと不貞腐れた)、
ほれ、これ美味しいんだよ、そろそろお腹すいてるでしょう?と
焼いた魚を近づけてみたり(鼻動かしていた!)、
あれこれしてから放置というか待機…………
…………
しばらくして、茂みの様子を見に行った里親さんが黙って戻ってきて
「ゾロ、捕獲器に半分身体突っ込んでます…」と。
茂みの中なので捕獲器の様子もゾロくんの様子も見えないのですが、
これはもう入るコース、、、「静かにして、耳だけ澄ませてて下さい」と指示。
七輪の匂い&近づけた魚&里親さんの呼び声etc…全部ゾロくんに届いていたようです。
程無くして、捕獲器の閉まる音。

はい、無事入っています、ゾロくん。
a0066779_4543220.jpg


はーーーーーーーーー、、、あんた、もう一体なんなのよ。。。
あんたの1人の為に遠路遥々、私はともかく、
時間も体力も、全てが惜しい人達がこんなに入れ替わり来てくれて…。。。
待機中だったFさん・のまねこさんもすぐ戻って、私と三人で少々説教。
捕獲器丸々布でくるみ、里親さんの車に積み込み、里親さん宅近くの動物病院手配。
どんな処置をしてもらわないといけないかを里親さんに伝え、それぞれ帰路につきました。
獣医さんに診てもらったゾロくん、軽い脱水程度で大きな外傷はなく。
食餌も普通にとって、炬燵で「やれやれ」とばかりに寝たそうです…おまえはどこまでっ!!
そんなわけで無事お家に戻ったゾロくん、もう安泰です。
里親さんも散々色々な人にお説教されたようで反省しきり、私ももう追い打ちかける気にもなれず。

脱走から4日目(視認してから2日目)という高速捕獲になりましたが、
それは運が良かったとしか言いようがありません。
脱走の場合、1週間というのが一番多いように思います。
まして、遠い、全然知らない山の中ですから…
ふぁーふぁちゃんのように40日とかも大いにあり得ました…。
勿論、最悪の結果だってありました。。。

はー、、、全てを山梨の山の中で使い切った感です。。。
25日に長々と待機している間、ゆきももこから川に落ちた猫の話も聞きながら、
号泣心配モードから怒りモードに切り替わっていた私。
無事捕まった今もぷんすかしています。ぷんすか。
猫たちよ、よくよく考えて行動しろ!!!!
…って言っても聞きやしないのが御猫様なんですが。。。

ルナトンさん・Fさん・のまねこさん、日々の捕獲だ保護だetcも大変で、家の事や仕事もあるのに、
本当に申し訳ありませんでした&有り難うございました。
足を向けて眠れないとはこの事です。。。

ふぁーふぁちゃんパパママ・ありこさん、ご経験からの細かなアドバイス、
これ以上ない位に参考になりました。
お忙しい中丁寧に教えて戴き涙が出る位有り難かったです。

情報拡散して下さった方々、お手伝いのお申し出をして下さった方々、心配して気にして下さった方々、
ずっと心の支えでした。どうも有り難うございました。

上野原の方々も、本当に親切にして下さいました。
(下にMoreがあるのでお時間あったら読んで下さい。)

うう、、、皆さんにたくさんたくさん助けられて、感謝してもしきれないです。。。
Twitter・FaceBookは殆どやっていませんし、拡散して下さった方のブログにもお邪魔できませんが、
この場で深く御礼申し上げます。
どうも有り難うございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>





ランキングに参加中
↓↓↓↓ 1日1ポチ、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
------------------------------------------------------------

【お知らせ・お願い】

2011.04~ ねこひと会では原発事故によって取り残された猫達の保護を行っております。
ねこひと会で保護している猫達の一覧はこちら → 福島県で保護した犬猫たち

避難によってはぐれてしまったペットをお探しの方には下記ページ・冊子を教えてあげて下さい。
Google Animal Finder
東北地震犬猫レスキュー.com
 ネット環境がある方はこうした被災動物を探す為のサイトをご利用下さい。
計画区域等で保護された動物たちのリスト集
 ネット環境のない方の為にわかにゃんさんが冊子を作成して配布して下さっています。
 市区町村の行政窓口や避難所等にも置いてありますが、入手が難しい方はお問合せ下さい。

ねこひと会では、計画避難区域の飼い猫の一時預かり様、
里親覚悟の長期預かり様を募集しています。
また、猫の移動(ボラ宅→預かり様宅)の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら →

------------------------------------------------------------
■ 譲渡会@亀有(猫の里親をさがす会)
日時:毎週日曜 13時半~17時(天候・季節によって時間は多少の変動有)
場所:亀有駅南口方面(上記リンク先に地図有)
たくさんの猫達が里親さんを待っています。
会場に来る子は子猫が多いですが、大人猫も多数保護されてます。
「こんな子はいませんか?」というご相談にも応じられます。
(主催者のルナトンさんのご厚意でtana宅猫sもしょっちゅう参加させて戴いています。)

■ 子猫の里親会
(tana宅の子猫も参加させて戴く時があります。)
------------------------------------------------------------



余談ですが~

捕獲が終わってポスターを回収していたら、
ポスターを見ている年配のご夫婦。

tana「あ、すみません、その猫、無事見つかりました!」
奥さん「あらー!今、怪傑ゾロみたいな子ねぇって見てたらここに怪傑ゾロって書いてあるじゃない~」
(ポスターに「怪傑ゾロみたいな模様」とわざわざ書いてました(笑))
tana「そうなんです、でも何とか無事保護できましたんで、本当にお騒がせしました」
奥さん「あらー、良かったわねぇ、何かの(高級な)猫なの?」
tana「…普通の、雑種です…もごもご」
奥さん「あらー、そうなのー、一緒に暮らせば家族だものねぇ~、良かったわね~」
tana「ははははは^^;」 ← 今一緒に暮らしてないし(笑)

この会話、たまたま通話中だったゆきももこに丸聞こえ。電話の向こうで爆笑してるし!
ご主人もにこにこしながら話聞いていて、
私一人困惑しつつへらへらと。。。

待機中は公正屋スーパー上野原店の駐車場にずっと停めさせて戴いて、
(勿論スーパーの掲示板にもポスター貼らせて戴き)
始終その近辺をうろうろしていたのですが、
スーパーの従業員の方々がちょくちょく「どうですか?」と声をかけて下さり…。
夜間はトイレの電気をつけっぱなしにして下さったり。
捕獲翌日、朝礼で「あの猫は無事捕まったそうです」というお話までしてくれたそうです(笑)。
(その話を聞いてわざわざ電話下さった従業員の方もいらっしゃいました。)

一番近い場所の餌やりさんご夫妻も始終心配して下さって何度も陣中見舞いして下さいました。

暖かい方が多い町で本当に助かりました。。。
[PR]
by madam_zoo_annex | 2011-11-29 05:10 | 【ゾロ・ショア】 ♂ 決定
<< 2012年 ご挨拶 川崎市猫虐待事件への署名のお願い >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ご案内
MADAM-ZOO管理人のtanaです。
猫関連の草の根活動家。
主に東京都足立区とその周辺にて、TNR活動、地域猫活動、付随する保護里親探し、被災動物関連、その他動物愛護絡みのことは常時色々と。
活動内容や保護猫について、きまぐれ更新しています。
(最近はtwitterでの簡易報告に押され中(汗) → tanafelis
2005年に保護した猫エイズ(FIV)の故怡怡(いい)&故愉愉(ゆゆ)以降、どういうわけか猫エイズキャリアの保護猫が途切れたことがありませんのでその記録も載せてたりします。
基本的に関わる殆どの猫はTNRしております。
保護の優先順位は、里親探ししやすい子ではなくて、生存が難しい子からなため、病猫のケアやら人馴れ訓練やらに追われること多し。
保護猫は基礎疾患の有無や年齢に関わらず、どの子も里親さんを募集しています。

★ tanaへのご連絡先
tanafelis@gmail.com

★ 里親希望さんへ
★ MADAM-ZOO
★ 過去の活動


譲渡会情報
譲渡会@亀有
毎週日曜(14時-16時半)
葛飾区亀有3-32-18 住友生命ビル1F 前
JR常磐緩行線亀有駅南口より徒歩3分、アリオ亀有近くです。
足立区・葛飾区および近隣地域の方で猫をお迎えしたい方はお気軽に見学にいらしてください♪

a0066779_21311560.jpg
検索
twitter
カテゴリ
全体
愛護活動
猫エイズと闘う
猫の病気
tana's 活動報告
info
【血縁cats】 ♂♀ 決定
【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【把生 hao】 ♂ 中止
多頭飼い崩壊SOS★ 終了
【ちぐら丸・ビット】 ♂ 決定
車上猫その後SOS★ 終了
NPO法人あだち動物ネット
【ゾロ・ショア】 ♂ 決定
【ボレアス】 ♂ 決定
【カイヤ・ミュウ】 ♀ 決定
【ち之助】 ♂ 決定
【小春 kohalu】 ♀ 決定
【ローナ・ニーナ】 ♀ 決定
【春宵 haruyoi】 ♂ 決定
【梅 ume】 ♀ 決定
【3エルズ】♂♀ 決定
【楓 kaede】 ♀ 決定
【みのり】 ♀ 決定
【小虎 kotora】 ♂ 決定
【ウィル】 ♂ 決定
【グレース】 ♀ 決定
【虎玉 toratama】 ♂ 決定
【労働安全衛生6s】 ♂♀ 決定
【黒組】 ♂ 決定
【エイル】 ♀ 決定
【雪埜進】 ♂ 募集中!
【桃太】 ♂ 募集中!
【まりもs】 ♂♀ 決定
【綾音 ayane】 ♀ 決定
【天草s】 ♂♀ 決定
【ひらり】 ♀ 決定
【一押】 ♀ 決定
【ニンテンドー】 ♂ 決定
【ホリホー】 ♂ 中止
【漢方薬姉妹】 ♀♂ 決定
【トローチ】 ♀ 決定
【チュアブル】 ♂ 決定
★東日本大震災★
【猫】 他家預り
【犬】 他家預り
【棗】 ♀ 中止
【甘菜】 ♀ 決定
【黄連】 ♂ 中止
【天功】♂ 決定
【ブラン】 ♂ 決定
【灯かり】 ♀ 決定
【雨キョウダイ】♂♀ 決定
【飼育放棄長毛s】♀ 決定
【豆屋子猫】♂♀ 募集中!
【寿々影】♀ 募集中!
【七夕コンビ】♂♀ 決定
【幼獣マーゴ】♀ 募集中!
良縁を掴んだコ達
動物あれこれ
ウチの四つ足s
足立区55頭多頭崩壊
【宇宙船キョウダイ】♂♀募集中♪
【マルベリー】♀里親募集中♪
里親募集の猫たち
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧