MADAM-ZOO [別館] madamzoo.exblog.jp
カテゴリ:猫の病気( 6 )
【寿々影】血液の具合悪し
口も悪くて食欲落ちてるのか…と思って、
2週間前くらいに受診したところ、なんとまぁ重度の貧血、というか
血液細胞全般が酷い低値に陥っていました。。
ヘマトか10%台、白血球数も作られてないくらいまで落ちていて、
血小板は測らなかったけども採血跡からの出血がしばらく止まらなかったので、
大元になる血液幹細胞がやられていたようです。
2-3日内かもと言われるレベルだったんですが腎臓の数値は悪くないのでステロイド服用開始。
骨髄での血球作成が自己免疫で何故か阻害されているのかもということで。
幸い見立てが当たっていたようで今ヘマト22%台まで回復し、
他も正常な反応になってきました。
もうしばらくステロイド続けて、ヘマトが完全に回復してから減薬できるか試していく予定です。
さくっと回復する場合もあるし、薬がないと落ちていく場合もあるそうで、
ステロイドは連用で効果薄れるはずなんで薬ナシで大丈夫になるまでは
油断できません。。

寿々影は元々飢えと低栄養でえらくちっちゃくなってたところを、
某公的機関より「子猫が…」と言われて来た子。
その時の飢餓経験からなのか口の中が真っ赤でも何でもとにかく頑張ってある程度は食べるタイプ。
さすがにそんな貧血ではドライやらは食べられないため(食欲自体が落ちきってしまって)、
刺身だ肉だとアレコレ提供したところ「これなら食べるわよ」と少しずつ食べる量増やしてくれてます。
食わないとホントに死ぬから食べろー!血を造れー!と最初は強制給餌もしてましたが、
1週間くらいで自力食(ただし刺身とかですが)がそこそこになってきたので
強制はもう入れてません。
もう少し食べて欲しいのが本音ですが、結構お怒りになるので精神的な部分との兼ね合いで自力のみ。
血液検査の値からするとそろそろ刺身だのでなくドライだ何だは食べる気になるはずなんですが、
昨晩は「カツオなら食べるわ」、今朝は「マグロ出しなさいよ」…ひたすらエンゲル係数上がるモノを所望されております。。
復活してきたとはいえまだ全然不安定なレベルなんで寿々影御前は名実ともに御前のお暮らし。
失禁はもう多分しなさそうですが、トイレ行くのがキツイのか丁度良いとばかりに私の上でオシッコしたり、
元々細いのにガリガリなんで色々心配は続きます…夜冷えるようになってきたし。
病院連れて行ったりケージから出せ要求を無視したりと、私が嫌なことばかりするので酷く睨まれたりしておりますが、
人たらしの寿々影御前、回復してもらいたい。

通院は不機嫌。獣医と私は敵扱いで看護師さんに御前のアピール炸裂。
a0066779_18035261.jpg





[PR]
by madam_zoo_annex | 2016-10-12 17:32 | 猫の病気
【常夏】いまだ見た目が凄くアレ…
宇宙船兄弟たちとの現場のTNRでの保護猫、常夏ちゃん。
妊婦のようにお腹がパンパンで見た目からして具合が末期的に悪そうで、
動物病院へ連れていったら案の定妊娠ではなく卵巣嚢腫と腹水。
皮膚が紙のように薄くなっていてかかりつけ獣医師も私も、
あまりもたないだろう…とほぼ確信し、
囲われてるのを嫌がってる様子もなかったので、ならば最期まで…とリリースせず保護してしまったのですが。
とにかく食欲はしっかりあり、下痢が治ったら少しずつ肉もついてきて、スライムのようにべったりぐったりだったのが段々盛り上ってきてる…
筋肉が落ちすぎて身体を保持できなくなってたのが回復している…
それでも盛り返すとはとても思えない見た目でしたが念のため血液検査したところ、
かかりつけと私の予想を思いっきり覆す、「全てほぼ正常値、少し貧血あるだけ」というハニワな結果に。
きちんと栄養摂れば落ち着きそうですね…と診察室で失笑し、今に至るのですが。
一度落ちた筋肉が戻るには時間がかかるのでまだまだ見た目はアレですが、
当初から比べるとしっかりはしてきました。
この様子なら悪くなってる歯の処置も大丈夫かな…と食べさせつつ様子見継続中です。

常夏ちゃんは、たまにシンクに上がってそこで水飲んだりもします。
その姿はまるで「近所の野良猫、またウチに入ってきたよ」みたいな感じ(笑)。
とても飼育下の猫には見えないのですが、
元気な様相を一日も早く取り戻してくれたらな、と。

こんなダラリとした寝姿ではありますが、
a0066779_10314294.jpg

目力は強いのです。
a0066779_10303192.jpg

掃除道具置いてるこんなとこで寝るのもやめてくれよーなんですけど、
常夏ちゃんのお気に入りの場所のようです(^-^;





[PR]
by madam_zoo_annex | 2016-09-10 10:07 | 猫の病気
猫に薬を飲ませる方法 2
猫に薬を飲ませる方法

猫への薬の飲ませ方、色々ありますが、
粉薬の場合ゴハンに混ぜて騙まし討ちで食べさせる方法の他に、
最近私が結構多用している、水に溶いてシリンジで飲ませる方法をご紹介します。

1. 粉薬の袋の片隅に粉薬を寄せて、寄せた角を下の写真のように三角に切り取ります。
a0066779_7285165.jpg

a0066779_7285440.jpg


2. 1mlシリンジに0.5-0.6ml程水を入れます。
a0066779_7305132.jpg


3. 2の水を1で切り取った薬の袋に入れ、シリンジの先で撹拌し水と粉薬をよく混ぜます。
a0066779_7285928.jpg


4. 3の水溶液を再びシリンジで吸い取ります。
a0066779_729175.jpg


5. 上記「猫に薬を飲ませる方法」で書いているやり方で猫の頭を保定します。

6. 猫の口の横にシリンジを差し込み、素早く水溶液を全量流し入れます。
  0.5-0.6ml位だと、見た目にして2滴程度の水になりますので、
  一気に口の中に流し入れてもむせて吐き出してしまう事もなく、ぺろっと飲める量で調度良いです。

この方法だと、ゴハンに混ぜての騙まし討ちが出来ない猫でも的確に薬を飲ませられます。
錠剤やカプセルで飲ませるよりもっと短時間で飲ませられるし、
ごく少量の液体なので、吐き出されて再度飲ませなおしという事もないです。
(錠剤やカプセルだと、ぺっと吐き出される事はたまにあるので^^;)
嫌がる猫にでもささっと飲ませてしまえます。
気になる点は、ごく僅かですがどうしても薬がシリンジの先に残ってしまう事。
気分的には全量しっかり飲ませたいですが(^-^;
僅かな量なので薬の効果に差はないように思います。
ちなみに、私は1mlシリンジは薬を処方してくれる動物病院で薬と一緒に貰ってます。





ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ 1日1ポチ、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
------------------------------------------------------------
a0066779_1891886.jpg

■ 車上猫レスキュー・残された17頭

a0066779_1474473.gif

■ 世田谷区連続猫虐待

a0066779_2124769.jpg

■ 子猫の里親会
(tana宅の子猫も参加させて戴く時があります。)
------------------------------------------------------------
[PR]
by madam_zoo_annex | 2011-02-23 05:21 | 猫の病気
ビブラマイシン投与による食道狭窄
オト助の食道狭窄とノムちゃん

ゆきももこ宅で今預かり子猫が2頭(ノムちゃん・オト助)、巨大食道症(というか食道狭窄)で治療中です。
そんな珍しい病気が何故2頭も連続で?と思わずにはいられませんが、
オト助はビブラマイシン(テトラサイクリン系の抗生物質)の投与による可能性が高いです。
(ノムちゃんは不明。)
ビブラマイシンによる食道狭窄の事を知らない獣医さんも居て、
ゆきこさんのホームドクターも最初は「まさか」という感じだったようですが、
ネットで調べただけでも、
テトラサイクリン系の薬物が食道に滞留?すると、
食道狭窄を起こす可能性が高い事が報告されていて。。。

きちんと飲み込めずに薬が胃に到達しなかった場合、
薬がくっついてしまった箇所が炎症を起こし肥大化、
不可逆性(元に戻らない)の変化を起こしてしまうそうな。
だからビブラマイシン等テトラサイクリン系の薬剤は特に、
飲ませた後に水やゴハンを与えて、
しっかり胃に到達するように飲み込ませないといけないそうなんです。
薬剤性で急に発症する事があるのはオト助で判った事ですが、
不可逆性の変化では狭窄部が自然治癒する事はないでしょう。
狭窄部が究極に狭まり全く何も入らない・水に近いモノすら胃に到達しなくなってしまう、
そういう事も今後考えなければならなくなり、
誤嚥性と思われる肺炎も悪化したノムちゃんは胃瘻する事になりました。
1-2年胃瘻し続けて、その後無事過ごしてる猫もいるとの事ですから、
生命力が強く運も強いノムちゃんならば、きっと乗り越えられると信じつつ祈るばかりです。

ノムちゃんにせよ、オト助にせよ、まだ小さい事が希望の種。
成長とともに、食道も太くなるかもしれないので、そうすれば何とかゴハンが食べられるかもしれない。

私のお世話になってる獣医さん曰く、この手の病気で教科書的に"ベスト"とされるのは
バルーンで狭窄部を拡げる外科手術らしいのですが、
実際問題そういう外科設備を持ってる病院は大抵は大きな病院(大学病院とか)で、
一般の所謂ホームドクターには手術できる設備もない事が多いわけで。。。
いくら教科書的にベストでも実際問題ベストな方法とは言えないんですよね。
机上の空論とまでは言いませんが、臨床の現場とうまく噛みあわない事例です。。。

それでも2頭とも今後の経過次第ではバルーンで拡張手術という可能性もあります。
1回やればOKではなく、何度も施術しなければならないかもしれないのですが、
それでも、生き長らえる事ができてる子がいるわけですから
ノムちゃんとオト助も何とか苦境を乗り切ってもらいたいと切に願います。。。
[PR]
by madam_zoo_annex | 2009-10-22 05:39 | 猫の病気
猫白血病ウィルス感染症(FeLV)付加情報
クローバー動物病院さんから、FeLV(猫白血病)についての質問への回答を戴きました。
(最近新情報は仕入れてないそうで、一般的な回答とのこと。)
付加情報として参考になれば…とUPします。

参考:猫白血病ウィルス感染症について

----------
Q:01
感染初期(検査キットに反応しない1ヶ月のブランク期間)は、
感染能のあるウィルスは排泄されているのでしょうか?
保護して間もない子は白黒はっきりするまで
隔離するのが望ましい事は分かっていますが
保護場所によっては完全隔離が難しい場合があり、
保護直後の検査で白だったら一緒にせざるを得ない場合があります。
キットにまだ反応しない時期なら感染の心配はない、と言う獣医さんも居るんですが
どうなんでしょう…?

A:01
感染してから1ヵ月の間(抗原キットで偽陰性とでる期間)はおそらくウイルスは
排泄していないと思われます。
ただし検査はあくまでも検査した時点よりも過去の陰性を示すもので
検査で陰性だとしてもその翌日からウイルス血症を示し、ウイルスを
排泄し始めるかもしれません。
感染が不確実な子は隔離するのかベストでしょう。


Q:02
ただのキャリアの子と、発症してるとされる子では、
排泄されるウィルスの感染能に違いはありますか?
FIVにしてもそうですが、発症してる子の方が移し易いような感があります。
あくまで2-3件しか実例を知らないのですが、
素人考えだと、発症してしまってる子だと
排泄されるウィルスもより活性化してるのでは…?と。
どうなんでしょうか?

A:02
発症している猫のほうがより重度なウイルス血症を起こしていると
思われますので、唾液などに排出されるウイルス量も多いはずです。
ウイルスが活性化しているというよりも単純にウイルス量の違いにより
感染しやすくなっていると思われます。


Q:03
通常の糞尿へ排泄されるウィルスはやはり感染能はあるのでしょうか?

A:03
手持ちの文献によると感染経路としては唾液、涙、糞便中に放出された
ウイルスより感染するとありますので、糞便中のウイルスからも感染するようです。


Q:04
排泄されたウィルスはそれ程生きられないとされていますが、
何時間位生きているものなのでしょうか?
webで調べると数時間~2日程度、と開きがあり、
FeLV(+)の子を預かっている保護主さん達がそこのところをとても心配しています。
(私もですけど…。。。)

A:04
FeLVは猫の体外では非常に不安定であり、室温では数分から数時間で感染性を失うとあります。
太陽光や熱などで容易に不活化されるともあります。





------------------------------------------------------------a0066779_4432352.jpg

■ 多頭飼い崩壊 里親さん急募!!

a0066779_22234359.jpg

■ 水腎症のまりまりちゃん 里親さん募集中
------------------------------------------------------------
a0066779_1075126.jpg

動物愛護管理法を見直す会
------------------------------------------------------------

ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2009-10-11 19:23 | 猫の病気
猫に薬を飲ませる方法
猫に限らず動物に薬を飲ませるのには苦労されてる方も多いかと…
ゴハンに混ぜると騙されて食べてくれるタイプのコなら容易いのですが…(^-^;

私は基本的に粉薬は貰いません。錠剤で戴く場合が多いですね。
何故かと言うと、無理矢理口をこじ開けて粉薬を飲ませるのは無理だし、
ゴハンに混ぜてしまったのに薬を察知して食べない場合、薬が無駄になってしまうからです。
錠剤やカプセル、液体なら確実に飲ませた事が確認し易いですし。
ですから、粉で水等に混ぜてOKなら液状にしてシリンジで与えるのも一つですね。
(2011/02/21 若干訂正:あまり苦くない薬なら粉で出してもらい水に溶いて飲ませる方が多くなりました。)

では、薬のタイプ別基本的な与え方…

【錠剤/カプセル】
1. しゃがんで猫を後から抱え込むようにして後ずさりできないようにする。
  (後から抱っこして膝にのせ、赤ちゃんを座らせるようにしても可。)
2. 利き手でない方の手で猫の頭を上から掴み上をむかせる感じで保定する。

こんな感じ(私は右手が利き手なので左手で掴みます)
a0066779_1441630.jpg

3. 薬を利き手の親指と人差し指で掴み、
  中指を口の横に差し入れて口を開かせる。
4. 口が開いたら間髪入れず、口の奥の方に薬を入れる。
  人差し指で押し込むようにしても可。
  舌の半分より奥に押し込むのがポイント。(そこまで入れば吐き出せない為。)
  ただし、舌の半分より奥というのは相当口の奥の方になります。
  舌の付け根は喉の奥の方にあるので。
5. 薬を口の奥の方に入れたら、すぐに利き手で下顎を押さえて口を閉じさせる。
6. しばらく両手で頭と下顎を押さえておき、
  ゴクンと飲んだ感じがあり舌でペロペロと鼻を舐めたら飲んだ証拠。
(7. 心配であれば口を再度大きく開かせて奥を覗き込んで飲み込んだかどうか見てみる。
  飲ませ終わって保定を解いた時、頭をブルブルっと振ったりします。
  もし飲み込めていないとその時一緒に口から薬を吐き出すのでその瞬間は要注意観察。)

※ 薬はあらかじめ水で表面をちょっと濡らしておく(溶けない程度で^^;)と飲み易いようです。


【液体】
1. 攪拌が必要な薬はまずよく振る。
2. シリンジ(針無し)で必要量を吸い取る。

シリンジ(↓は10mlのシリンジ。サイズは色々あります。)
a0066779_14382074.jpg

3. 保定の仕方は錠剤等と同じ。(【錠剤/カプセル】の1と2参照)
4. 利き手で薬の入ったシリンジを持ち、シリンジの先を口横に差し入れる。
5. 量が少なければ、なるべくいっきに中身(薬)をぴゅっと入れる。
  (上顎の奥を狙う感じだと飲ませやすいです。手前に入れると口から出してしまう事もあるので注意。)
  量が多ければゆっくり、ゴクゴクと飲むのを確認しながら薬を口の奥に注入していく。


【粉薬】
1. 必ず食べきれる量(少量)のウェットフードに粉薬をよく混ぜ込む。
  (ウェットでなく、猫ちゃんの好物で混ぜ込める食品でも可。)
2. とにかく食べてもらう(笑)。

粉薬の飲ませ方、追記しました↓↓↓↓
猫に薬を飲ませる方法 2

こんな感じですね。
薬のお世話にならない事が一番ですが、
もし飲まなければならなくなったら、上記の要領で頑張って下さい(^-^*
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-02-25 14:46 | 猫の病気


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご案内
MADAM-ZOO管理人のtanaです。
猫関連の草の根活動家。
主に東京都足立区とその周辺にて、TNR活動、地域猫活動、付随する保護里親探し、被災動物関連、その他動物愛護絡みのことは常時色々と。
活動内容や保護猫について、きまぐれ更新しています。
(最近はtwitterでの簡易報告に押され中(汗) → tanafelis
2005年に保護した猫エイズ(FIV)の故怡怡(いい)&故愉愉(ゆゆ)以降、どういうわけか猫エイズキャリアの保護猫が途切れたことがありませんのでその記録も載せてたりします。
基本的に関わる殆どの猫はTNRしております。
保護の優先順位は、里親探ししやすい子ではなくて、生存が難しい子からなため、病猫のケアやら人馴れ訓練やらに追われること多し。
保護猫は基礎疾患の有無や年齢に関わらず、どの子も里親さんを募集しています。

★ tanaへのご連絡先
tanafelis@gmail.com

★ 里親希望さんへ
★ MADAM-ZOO
★ 過去の活動


譲渡会情報
譲渡会@亀有
毎週日曜(14時-16時半)
葛飾区亀有3-32-18 住友生命ビル1F 前
JR常磐緩行線亀有駅南口より徒歩3分、アリオ亀有近くです。
足立区・葛飾区および近隣地域の方で猫をお迎えしたい方はお気軽に見学にいらしてください♪

a0066779_21311560.jpg
検索
twitter
カテゴリ
全体
愛護活動
猫エイズと闘う
猫の病気
tana's 活動報告
info
【血縁cats】 ♂♀ 決定
【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【把生 hao】 ♂ 中止
多頭飼い崩壊SOS★ 終了
車上猫その後SOS★ 終了
【ちぐら丸・ビット】 ♂ 決定
【ゾロ・ショア】 ♂ 決定
【ボレアス】 ♂ 決定
【カイヤ・ミュウ】 ♀ 決定
【ち之助】 ♂ 決定
【小春 kohalu】 ♀ 決定
【ローナ・ニーナ】 ♀ 決定
【春宵 haruyoi】 ♂ 決定
【梅 ume】 ♀ 決定
【3エルズ】♂♀ 決定
【楓 kaede】 ♀ 決定
【みのり】 ♀ 決定
【小虎 kotora】 ♂ 決定
【ウィル】 ♂ 決定
【グレース】 ♀ 決定
【虎玉 toratama】 ♂ 決定
【労働安全衛生6s】 ♂♀ 決定
【黒組】 ♂ 決定
【エイル】 ♀ 決定
【雪埜進】 ♂ 募集中!
【桃太】 ♂ 募集中!
【まりもs】 ♂♀ 決定
【綾音 ayane】 ♀ 決定
【天草s】 ♂♀ 決定
【ひらり】 ♀ 決定
【一押】 ♀ 決定
【ニンテンドー】 ♂ 決定
【ホリホー】 ♂ 中止
【漢方薬姉妹】 ♀♂ 決定
【トローチ】 ♀ 決定
【チュアブル】 ♂ 決定
★東日本大震災★
【猫】 他家預り
【犬】 他家預り
【棗】 ♀ 中止
【甘菜】 ♀ 決定
【黄連】 ♂ 中止
【天功】♂ 決定
【ブラン】 ♂ 決定
【灯かり】 ♀ 決定
【雨キョウダイ】♂♀ 決定
【飼育放棄長毛s】♀ 決定
【豆屋子猫】♂♀ 募集中!
【寿々影】♀ 募集中!
【七夕コンビ】♂♀ 決定
【幼獣マーゴ】♀ 募集中!
良縁を掴んだコ達
動物あれこれ
ウチの四つ足s
足立区55頭多頭崩壊
【宇宙船キョウダイ】♂♀募集中♪
【マルベリー】♀里親募集中♪
里親募集の猫たち
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧