MADAM-ZOO [別館] madamzoo.exblog.jp
カテゴリ:【リク・コタ】 ♂♀ 中止( 7 )
詐欺里親氏の無理な願望
リクコタを引き取って衰弱させた詐欺里親氏から連絡がちょこちょこ入っていたのですが、
朝の7時前にいきなり着信・留守電が入り、
「犬猫のボランティアをしたいと思うがどうすれば良いだろうか」と。。。

リクコタの一件では彼は数日でリクコタ含め8頭集めたのですが
リクコタは衰弱し暑さにも負けて死亡、
残りの6匹についても私及びねこひと会に所有権利を委譲、
「すみませんでした」と言ってたのですが、
一体、何に対して"すまない"と言ってるのかな…とは思っていました。
あえて突っ込む事はしませんでしたが。
「今後は二度と同じ事はしないで下さい、3匹の先住猫ちゃんを大事にする事に専念して下さい」、
それははっきり言い、
「わかりました」
と言われたのですが…。

にも関わらず、
犬猫のボランティアがしたい、と。。。
明確には解りませんが諸々のやり取りからすると自宅で保護するような事をしたいんだと思います。

自分でできる事、できない事の線引きがやはり全然できていないんだ、
リクコタを衰弱させ、間接的ながらも死に追いやった事を
取り返しのつかない大変な事をしたとは思っていないんだ、
集めた猫達をこちらに委ねる結果になった事も反省してるわけじゃないんだ、
そう思ったら、本当にがっくりしたといか、
リクコタの死はなんだったんだろうとか、
遣り切れない思いでいっぱいになってしまいました。

彼は持病がある人なのですが、
病気のせいで思いついた事に対しての衝動が抑えられないところがあるようにも思えます。
何せ、朝の7時前に電話してくる位ですから…。

今後一切関わりたくはないのですが、
また同じような事をして「やっぱり無理」と連絡されても困ってしまう事になります。
なので、やるならば、地元のシェルターの掃除等のお手伝いや、
小額でも構わないから定期的にボランティア団体等にカンパするというような事をすれば良いと思う、
ただし"保護預かり里親探し"のボランティアは絶対にやらないように、
何故ならば、自宅の衛生面/経済面/対人交渉面/動物の健康管理面/自身の健康状態面でみると、
絶対に無理だから…といった内容の長いメールを送りました。
そしてそのメールをきちんと隅々まで読んでしっかり理解して欲しい、と電話もし。

それを読んでショックは受けたようです。
でも、外から見ると自分はそうなんだ…という事は解った、と。
今後は自分の病気を治す事に専念する、
もうtanaさんにも電話したりしませんので、と。
そして何度も申し訳ない事をした、とは言われました。

とはいえ、今後、本当に同じ過ちを繰り返さないという保証はありません。
私自身彼の大嘘を見抜けず、リクコタを渡してしまった事は、
今尚、悔やんでも悔やみきれない思いでいっぱいです。

ただ、ゆきももこさんには
「あと半日でも取り戻しが遅れていたらきっと向こうの家で死亡していただろう」
「もし向こうで死んでいたら"脱走した"等と色々言い訳をして死体すら取り戻せなかったろう」
「そういう、結局保護主側が泣き寝入りするケースは少なくないと思う」
「嘘をつく人はどこまでも嘘をつくし、そういう人が稀なわけでもないし、他の人だって騙される可能性はある」
と言われました。

私は、結果的に猫も里親さんも私も、幸せになれる譲渡をしていきたいと思っています。
たとえば里親として負の面(ex.留守番が長い、持病がある…etc.)があるとしたら、
それも正直に申告して欲しいと思うんです。
下手に嘘をならべて負の面を取り繕うのではなく。
負の面を考慮した上での譲渡ができると思いますから。

動物を家族に迎えたいと思っている方、
お願いですから、嘘で色々な事を誤魔化すのはやめて下さい。
家族として愛育したいという思いを伝えて下さい。





----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-08-30 09:37 | 【リク・コタ】 ♂♀ 中止
今尚苦しい思い
リクコタの件では当たり前ですが未だに随分磨耗している感じがします。
昨日は地域のボランティア繋がりのちゅうさんに会ったのですが、
ボロボロと泣いてしまいそうで、あんまり長くお話もできず。。。
リクコタを保護したJさんが様子をみに来て下さった時も、
big hugをもらってもう涙止まらず…。
頭の中が真っ白で何も考えられなくなるか、ボロボロと泣くか、、、
殆どがその繰り返しで、ろくに何もしていません。

こういう時うまく気分転換ができれば良いのでしょうけども、
本を読んだりDVDを観たりする気力もなく、
重たい体を引き摺って会社にきてはぽつぽつと仕事をしているところです。

----------
リクコタの元・里親氏は
「馬鹿がつくほどの猫好きで」
「何万頭も殺処分される猫達を少しでも救えたら」
という理由で里親募集をかけている猫を集めたそうなんです。
確かに、日本では多くの犬猫が殺処分されています。
大概が身勝手な自家繁殖や責任の放棄です。
でも、行政で処分されている30万頭の他に、
外で行き倒れて死ぬ子、
交通事故でぐしゃぐしゃになって死ぬ子、
治療すれば治る風邪で死ぬ子…
たくさんいますし、
運良く保護され里親探しとなり良縁を求めている子も日本全国たくさんいます。
多頭飼い崩壊のSOSや無責任餌やりの為に増えてしまった猫達のTNR…
本当にたくさん、到底ボランティアの力だけでは何とかできない程、
救いを求めてる子がいます。
私の家だって、保護頭数に限りがあります。
豪邸を持ってるわけでもなく、大金持ちなわけでもなく。。。

何故、元・里親氏がそういう見極めができない(節度なく集めてしまった)のか、
私には判りかねますが、
今回リクコタと同時に集めた、他の6匹の猫については、
自分では世話するのは無理だった、申し訳ないが里親探しをしてやって欲しいと頼まれ、
引き受ける事にしました。
ねこひと会のメンバーが分担してくれる事になったので、
なな猫さん宅で白黒八割れトムキャット3キョウダイ(約2ヶ月)、
私の家で白三毛ちゃん(約1歳)とキジトラサバトラキョウダイ(約3ヶ月)の計3匹。

白三毛ちゃんの仮名は「柚(ゆず)ちゃん」にしました。
スリスリゴロゴロの甘えん坊で、結構泣き虫…というか自己主張が強い?です。
a0066779_13521041.jpg


キジトラサバトラキョウダイは、
キジトラ♀を「サンダ」、サバトラ♂を「ガイラ」にしました。(映画好きの相方の命名です。。。)
a0066779_1359626.jpg


リクコタの分までしっかり良縁を探してあげようと思います。





----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-08-20 14:00 | 【リク・コタ】 ♂♀ 中止
事の顛末をまだ冷静には書けません
某大手SNSでお友達の方々はもうご存知かと思いますが、
リクコタは幼いまま、愛される喜びや安心を知らないまま、
手の届かないところへ旅立ってしまいました。

私は里親希望さんに対して、結構厳しい審査をして譲り渡しています。
アンケートを取り、さらに突っ込んだ質問もし、
電話やお見合いで色々お話し…
それは無闇に個人情報を集めようとかそういう魂胆ではなく、
本当に猫を大切に育ててくれるか、
猫を家族に迎える自覚があるか、
迎えるにあたって問題はないか…
そういった事を事前に確認する為です。
たとえば、「猫がいると気ままな旅行や外泊ができなくなりますがどう思いますか?」という質問もします。
猫に限らず、動物と同居している方なら、
「そんなの当たり前の事じゃないか!」とお思いになるでしょう。
ですが、応募してくる方は千差万別、当たり前の事を自覚してない方もいらっしゃるんです。
私としては、猫も、里親さんも、そして私や保護に関わった人達も、
皆が幸せになる事、それを願っての審査なんです。

ですが、今回、リクコタに応募してきた方は、
そういう質問含め、全般において、嘘をついたのです。
リクコタは先の日記でも書いていますが、
人馴れがまだイマイチなところがありました。
私の前では二人でコロコロとプロレスごっこをして遊んだり、
ゴハンを食べたりウンチをしたり…
びくつきながらも徐々に馴染んできていました。
そういう過程にある子達だったので、
ビビリな点をふまえゆったりと長い目で管理しつつ愛情を注いでくれる方を探していました。
ですが、その応募してきた方は、
そもそもペット不可住宅なのに、可と答え、
時々遊びに来る程度の彼女を、結婚間近でまるで同棲しているかのように答え、
ちょっとした事で不穏になってしまう位の障害を持っていた彼女なのに、
できない事もあるが普通に生活できるし猫の面倒もみれると答え、
彼女の実家からは障害もある事だし動物の飼育を禁じられていたにも関わらず、
双方の実家から支援をもらえると答え、
ご自身も病気をかかえているにも関わらず、健康だと答え、
…………
とにかく、ありとあらゆる点で嘘をついてきていました。

リクコタが人馴れ不十分で気長に見守って欲しいという事にも、
そういう子でもゆったりと見守りしっかり面倒を見ていく、とも答えていました。

私が、この方達ならいいんじゃないかと判断したあらゆる点が
大嘘だったのです。

お届けしてから、やはり何だか不安があり、
ゆきももこさんにも相談したりしました。
そして、どうにも不安があるならば、取り戻した方が良いというアドバイスを受け、
その段階で、色々なところに裏付けと言ってはなんですが、
連絡し確認を行って様々な大嘘が発覚したのです。
そして、リクコタ以外にも6匹の猫を集めていた事も発覚しました。
頭の中はもう真っ白になりました。
とにかく、リクコタを取り戻さなければ、、、それだけでした。

ですが、猛暑の約4日間の間、リクコタは二人で天袋の中で飢えと乾きに耐えながら怯えていたようです。
しばらくはケージの中で様子を見て、その後も一部屋を2匹の部屋にし…と言っていたのに、
お届けして私が帰ってすぐに全室フリーにしたようです…。

取り戻して連れ帰る道中、
リクコタは短い命を終えてしまいました。
おそらく極度の脱水と低血糖によるものだと思います。

私がちょっとした不安を覚えながら渡してしまった事。
4日間も相手の家に置いてしまった事。
相手の嘘を見抜けなかった事…。

今もこうして書きながらも何だか現実感がなく頭もしっかり働きません。
リクコタの収まった2つの小さな骨壷を直視する事ができません。
どうする事が二人の供養になるのか、
また、相手の詐欺行為(私は詐欺だと思っています)をどうすればよいのか…。

何もわかりません…。





----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-08-09 16:19 | 【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【リク・コタ・AI坊や】 遊ぶ!
リクくんもコタちゃんも遊ぶの大好き!ですが、
先日やってきた骨折仔猫も遊びたくて仕方がない様子です。
(呼称がないと困るので今は骨折仔猫を「AI坊や」と呼んでいます(笑)。)

AI坊やは骨の回復の為、殆どの時間は狭いところで我慢させてますが、
時々ベッドの上でだけ遊ばせたりも(^-^;
そうすると、まずコタちゃんが
「アンタ、どこの誰よ?偉そうにするんじゃないわよ」と、
自分もおチビで新参者なのに、
先輩風を吹かせてAI坊やにシャー!!&ビシバシ!!猫パンチ。
一方リクくんはのほほんとしてるというか、
「キミ、誰?遊ぶ?」と
友好的なアプローチをします。

AI坊や「お兄ちゃんとお姉ちゃんが遊んでる…」 まざりたいの?
a0066779_1202923.jpg


リク「よう!お前も遊ぶかい?」 お兄ちゃんが誘いにきたよ
a0066779_1212439.jpg


AI坊や「まーぜーてー」 リク「おう!」 激しくは遊ばないでくれよー。。。
a0066779_125331.jpg


リク「まずは猫パンチごっこだ!」 AI坊や「うひゃあ」
a0066779_1263859.jpg


こんなんですけど、皆さん、まあ楽しんでます(^-^;
AI坊やの骨折が良くなればもっとドタバタで遊ばせてあげられるんですけどね。。。





----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-08-01 22:49 | 【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【リク・コタ】 ちょっとずつ慣れてはきた…そしてまた誤認
茶トラのリク・コタコンビ。
元気で悪ガキっ!という感じです(^-^;

そしてまた勘違いです。
保護し初期治療の為に病院にも連れて行ったJさんが、
「多分両方男の子」と言っていたのと、茶トラは遺伝的に♂が多いのとで、
男の子だと思っていましたが、コタちゃんは女の子でした(^-^;
(リクくんは男の子。)
訂正訂正。。。

3種混合が終わった後、リクくんが特発性膀胱炎疑いで
1週間程ケージ内で様子をみていました。
ですが、幸い血尿もなく、エコーで見た膀胱の様子もきれいだったので、
特に何もせず完治しました。
特発性膀胱炎といえばいわしくん(旧:高瀬くん)の膀胱炎騒動があったので、
また同じ事にならないか気をもみましたが、すんなり落ち着いてくれて安心しました。

そんなこんなで今は二人とも室内フリーにしています。
まだビビリで警戒は完全には解いていませんが、
狭い我が家をドタバタ走り回って猫祭を開催したり、
やりたい放題やってます。
(便乗して把生くんまで走り回ってますけどね(笑)。)
帰宅するとただでさえ汚い我が家が荒らされているのはご愛嬌。。。

「たかーい!」 キャットタワーデビューだね
a0066779_11212072.jpg

リク「何やってるんだよ」 写真撮ってるんだよー
a0066779_11233020.jpg

コタ「挙動不審!」 まあまあ。慣れておくれよ(^-^;
a0066779_11245380.jpg


それにしてもデジカメでなく久しぶりに携帯で撮った画像なんですけど
汚いなあ。。。
私の腕が悪いのもあるのでしょうが(-ω-;)





----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-07-06 10:56 | 【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【リク・コタ】 ワクチン1回目接種
リクコタコンビ、
ちょっとずつ、、、ですが、目つきが柔らかくなってきました。
「別に信用してるわけじゃないし様子見だからな!」位ですかね(笑)。

そんな微妙な信頼関係をぶち破るかのように、
1回目のワクチン接種に連れて行ってきました。
あと、FIV/FeLVの血液検査も(どちらも陰性)。
体重は二人仲良く1.1kg。
2ヶ月位なのでまあ標準体重ですね。
コタの方がふくよかに見えるんですが、
多分毛足が長めなんだと思います。
先生には「まだシャーシャーですから」と言ったら、
バスタオルでがっつり包まれて注射されたり採血されたりしてました(^-^;
暴れたりは全くせず、
何がなんだか分らないうちにチクっとされた感じです(笑)。

コタ「なんかされたような…」 気のせい気のせいw
a0066779_203441.jpg


リク「嘘つけー。絶対なんかされた!」 ははは、したけどねw
a0066779_205278.jpg






----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-06-22 19:37 | 【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【リク・コタ】 シャーシャー猫ンビ
tanaの勤務の都合で在宅時間がえらく短くなっていまして、
この春は仔猫の預かりはないかなー、と思ってましたが、
来てしまいました(笑)。
約2ヶ月、体重が1kg位の男の子2人兄弟です。
TNRメインでやってるボラさんから
顔立ちも美形で離乳しているし、定期の餌やりさんがいない場所でもあるので、
何とか里子に出せないものか…と。
お母さんは生粋の野良で不妊手術の後リリース。
兄弟2人はまだ2ヶ月越した位ですが、もう警戒心がちょっと。。。
今はケージに入れて人の存在に慣れてもらおうと思ってます。
まだ3種混合が済んでいないので室内フリーにしておくと
捕まえるのに難儀しそうで、難儀しちゃうと余計警戒が強くなってしまうので。。。
なんせウチに来た時の目つきときたら、
「不審者!来るな!!」ってオーラをバリバリだしてましたから(^-^;
3種混合が済んだら様子を見つつ室内デビュー予定。

仮名は何となくで決定(^-^;
全身茶トラの方がリクくん、白ソックス履いてる方がコタくん。
リクくんの方が頑固そうな雰囲気…。

a0066779_1522622.jpg

a0066779_1525756.jpg






----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-06-15 20:34 | 【リク・コタ】 ♂♀ 中止


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ご案内
MADAM-ZOO管理人のtanaです。
猫関連の草の根活動家。
主に東京都足立区とその周辺にて、TNR活動、地域猫活動、付随する保護里親探し、被災動物関連、その他動物愛護絡みのことは常時色々と。
活動内容や保護猫について、きまぐれ更新しています。
(最近はtwitterでの簡易報告に押され中(汗) → tanafelis
2005年に保護した猫エイズ(FIV)の故怡怡(いい)&故愉愉(ゆゆ)以降、どういうわけか猫エイズキャリアの保護猫が途切れたことがありませんのでその記録も載せてたりします。
基本的に関わる殆どの猫はTNRしております。
保護の優先順位は、里親探ししやすい子ではなくて、生存が難しい子からなため、病猫のケアやら人馴れ訓練やらに追われること多し。
保護猫は基礎疾患の有無や年齢に関わらず、どの子も里親さんを募集しています。

★ tanaへのご連絡先
tanafelis@gmail.com

★ 里親希望さんへ
★ MADAM-ZOO
★ 過去の活動


譲渡会情報
譲渡会@亀有
毎週日曜(14時-16時半)
葛飾区亀有3-32-18 住友生命ビル1F 前
JR常磐緩行線亀有駅南口より徒歩3分、アリオ亀有近くです。
足立区・葛飾区および近隣地域の方で猫をお迎えしたい方はお気軽に見学にいらしてください♪

a0066779_21311560.jpg
検索
twitter
カテゴリ
全体
愛護活動
猫エイズと闘う
猫の病気
tana's 活動報告
info
【血縁cats】 ♂♀ 決定
【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【把生 hao】 ♂ 中止
多頭飼い崩壊SOS★ 終了
車上猫その後SOS★ 終了
【ちぐら丸・ビット】 ♂ 決定
【ゾロ・ショア】 ♂ 決定
【ボレアス】 ♂ 決定
【カイヤ・ミュウ】 ♀ 決定
【ち之助】 ♂ 決定
【小春 kohalu】 ♀ 決定
【ローナ・ニーナ】 ♀ 決定
【春宵 haruyoi】 ♂ 決定
【梅 ume】 ♀ 決定
【3エルズ】♂♀ 決定
【楓 kaede】 ♀ 決定
【みのり】 ♀ 決定
【小虎 kotora】 ♂ 決定
【ウィル】 ♂ 決定
【グレース】 ♀ 決定
【虎玉 toratama】 ♂ 決定
【労働安全衛生6s】 ♂♀ 決定
【黒組】 ♂ 決定
【エイル】 ♀ 決定
【雪埜進】 ♂ 募集中!
【桃太】 ♂ 募集中!
【まりもs】 ♂♀ 決定
【綾音 ayane】 ♀ 決定
【天草s】 ♂♀ 決定
【ひらり】 ♀ 決定
【一押】 ♀ 決定
【ニンテンドー】 ♂ 決定
【ホリホー】 ♂ 中止
【漢方薬姉妹】 ♀♂ 決定
【トローチ】 ♀ 決定
【チュアブル】 ♂ 決定
★東日本大震災★
【猫】 他家預り
【犬】 他家預り
【棗】 ♀ 中止
【甘菜】 ♀ 決定
【黄連】 ♂ 中止
【天功】♂ 決定
【ブラン】 ♂ 決定
【灯かり】 ♀ 決定
【雨キョウダイ】♂♀ 決定
【飼育放棄長毛s】♀ 決定
【豆屋子猫】♂♀ 募集中!
【寿々影】♀ 募集中!
【七夕コンビ】♂♀ 決定
【幼獣マーゴ】♀ 募集中!
良縁を掴んだコ達
動物あれこれ
ウチの四つ足s
足立区55頭多頭崩壊
【宇宙船キョウダイ】♂♀募集中♪
【マルベリー】♀里親募集中♪
里親募集の猫たち
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧