MADAM-ZOO [別館] madamzoo.exblog.jp
カテゴリ:動物あれこれ( 5 )
意外といます、外の猫
冬だというのに崩壊宅の世話がことのほか関わる我々3人の足をがっちり拘束していて、
かつ、流行にのって皆で風邪にやられているという今日この頃ですが、
熱から回復してきたらふと思い出したので。

先々月だったか、tana母から電話で、
「近所の飼い猫が脱走して、我が家の庭に来てるのだけど、捕獲器ないと捕まえられないかしら?」
と。
なにやら本来のお家には戻らず(戻れず?)に母宅周辺にいるようだ、と。
私の母は猫は飼っていますが外の猫のことは全然知りません。
私も普段、母に具体的な外猫対応の話なんてしてませんし。
母宅は数百km遠方なので、電話でやり方を伝えようと思ったのですが。

母「餌はおいてあげてる。食べてるから朝には空になってる。」
私「じゃあ、その子が食べてるとこを見たわけじゃないのね?」
母「猫は他に庭で見ないからその子だと思うのよ。」

うわっ…でた、他にはいない発言…。
他にも猫はいるよ、食べたのは他の猫かもよ、と言っても
「見ない、いないと思う」と私の言うことは半信半疑の様子(笑)。
(というか、99%は私の言う話を信じていない模様w)
捕獲器じゃないと無理かしらとか、
捕獲器使ったこともない&猫の状況把握まともにできてないのに言われても…(´・ω・`;)

「このへんには猫いません」「猫なんて全く見ないけどな~」は、
TNRでリサーチしたり、説明会開くとわりと遭遇する発言ではあるので、
私もやれやれと思いつつ、
とにかく、置き餌するんじゃなくてその子が来たら、
その子にゴハンをあげるようにしてみろ、と。
人間の生活圏に猫がいないことはありえない、と言っても、
目に留まらない人にはにわかには信じられないんですね。
私もこういう活動する前は外を歩いてる猫にさして注意払ってませんでしたし、
その頃はほとんど猫は見ませんでした。
今は猫嫌いでピリピリしている人と同程度かそれ以上に猫発見しますが(笑)。

結局、その電話の2-3日後、なんとか迷子猫は無事自力で帰れたようなのですが、
その報告を私にしてきた母、
「庭に猫が来るか注意してみたら、結構きてたわ~!」
「4-5くらいはいた!」
「我が家の猫たちが騒いだらすぐ窓の外見てみたんだけど、毎回違う猫なのよ~!」
と。
まあ、在宅時にたまたま目撃できたのが4頭くらいというだけでおそらくもっといるでしょうね。
住宅地で戸建が多い、かつ、高齢化著しい場所なんで…。
外に出して飼われてる飼い猫も結構いそうだし。
くわばら、くわばら。。

ちなみに、最近母の家には、窓ガラスを外からばんばん叩いて、
中の猫たちを小馬鹿にしていくのを日々のルーチンにしている野良?が現れるらしいです。
顔のデカい大柄な猫だというのできっと未去勢のオスでしょう。
喧嘩の仕方も知らんような軟弱家猫をおどかして楽しむとは…なんちゅう趣味だ。

↓謎の魔法陣を作る、母宅軟弱家猫たち。
a0066779_23470330.jpg


↓おまけ。これはウチ。いけにえ(tana夫)を囲む猫たち。
a0066779_00163181.jpg

寒い寒い冬、みんな暖かいところで謎の魔法陣作っていけにえ囲んで
ぬくぬくできればいいのにね。



余談。
外の猫でも捕まえようと思って上手く対応できれば、
捕獲器がなくても捕まえられることもあります。
本当ならば、餌をあげてる人がどうにか工夫して頑張って捕まえるのが
猫にはもっともストレスフリーです。
なぜなら、たとえ触れないとしても、
常日頃餌をあげてる人とは信頼関係が多少はできているから、です。
確かに捕獲器使わないと無理という猫もいるし、時間もかかるかもしれないので、
緊急度が高い場合は捕獲器使うのがベストです。
でも、餌やりさんが工夫して捕獲器なし・猫を極端に驚かせもしないで
殆どの猫を捕まえたという場所だってあります。
猫を捕まえるのには捕獲器しかない!というわけでもないし、
捕獲器ではなかなか捕まらないor捕獲器を設置できないために、
私たちも捕獲器以外の方法を取ることもあります。
まあ、無理して捕獲失敗してこじらすと余計捕まらなくなるので、
積極的に「頑張って捕まえてみて!」とも言えず、
痛し痒しなところですけどね(^-^;





[PR]
by madam_zoo_annex | 2014-12-25 21:38 | 動物あれこれ
研究で実験動物を使う(殺す)
私のブログに「研究室 嫌 ラット 殺す」で来た人がいたのでぎょっとしたんですが。
研究室が嫌なのでラットを殺したい…ではなくて、
研究室でラットを殺すのが嫌(by 学生)、という事ならば。
まあ、四方山話ついでの戯言です。

実を言えば私も理系です。
物理工学系でなくて生命科学系(生物とか医療とかetc)なので、
でもって周囲も遠からずな学部・専攻の人ばかりだったので、
在学中は割と身近に実験動物もいたし、生や死がありました。
私は専門のモノがちょっと異質だったので実験動物を殺さずに済む道をたまたま歩いてましたが、
同じ研究室内では定期的に大量のラットが殺されていました。
私が学生だったのはもうかなーり昔とはいえ、
当時学内で(たとえば「実験動物学」の講義の中で)3Rというモノの存在を教えてもらった記憶はありません。
概念としては既にあった筈なんですが。
私の学校がその辺遅れていたのか、日本基準としてそんなもんだったのか、よく分かりません。

当時、愛護の事は特に考えないで暮らしていたので、
これだけ殺しているけれど本当に学術的に信憑性のあるモノが取れるのか?
ラットで得たデータはヒトに還元できるモノなのか?
殺しておいて実は無駄じゃないのか?
殺す事の是非そのものより、そういう疑問が強かったのを覚えています。
ただ、私の場合、同じ研究室内とはいえそれ(ラット大量消費)が自分の専門ではない為、
他人の研究にクチを挟むわけにもいかず特に疑問を呈する機会もなかったのですが。

今、なんだかんだで動物愛護に関わる身になって、
現在の日本の実験動物事情がどれほど闇に包まれているか垣間見る事がちらほらあります。
私は実験動物関係には疎いのでその辺の詳細は他のサイトやブログに任せますが、
たとえば、今度の動物愛護管理法の改正で、実験動物の事がばっさり削ぎ落されてしまっている等聞くと、
それはやっぱり違うだろうと思うんですね。
飼養される動物に対する規制として、また費やされる命への規制として、
愛護の観点を引っこ抜くのは変でしょ、と。

私は学術的に通るであろう殺す道を全ては否定しません。
学べる事も中にはあると思うので。
この辺は実験動物の方からすれば突っ込みたい意見かもれませんね。
ただし、直接間接問わず、やはり殺す以上は、自分が何をしたかはきちんと認識しておくべきだし、
殺しただけの価値を殺した本人が胸張って言える位でないならやる(殺す)べきでもないと思います。
(価値基準構築中の児童や生徒に動物実験をさせるのに全面的に反対なのはその為です。)
単位を取る講義や実習に盛り込まれているから、
教授(指導教官)のやり方だから、
という理由だけで追従する必要なんて全くありません。
自分の通る道に疑問や抵抗があるなら、
その"引っ掛かり"が何かを考え言葉にし、必要ならば代替案も準備した上で、
きちんと教員なり学校なりと対話をして欲しいと思います。
義務教育ならいざ知らず、それ以降の己のやる事はもう自分の手の内にかなり入っています。
嫌々勉強している人も中にはいるかもしれないけれど、
学問の道なんてのは元来やりたくて歩むもんだし
(その"やりたい"を維持するのはまた別問題なのだけど^^;)
自分でかなり取捨選択できるもんです。
研究職に突入してしまったら・働き出したら出来ない事も、学生のうちなら出来たりもする。
良くも悪くも学生というのは"モラトリアム"的側面を常に持っていると私は思っています。
学生当時はモラトリアムと呼ばれる事を毛嫌いしてましたが、
今振り返ると、猶予期間中だからこそ結構なモノを手に出来たんだよなと感じる事があります。
そんな貴重な期間中に、引っ掛かりのある殺す行為が転がっているならば、
通らない道を模索するのも一つの在り方だと、おばちゃんtanaは言っておきます。
教員や学校が用意するモノはいつでも正しくもないし、明らかにオカシイ時だってある。
そして、それに"否"と言えるだけの能力は学生にはもう備わってる筈です。
学ぶ行為は、是非、胸張ってやって下さい。





ランキングに参加中
↓↓↓↓ 1日1ポチ、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
------------------------------------------------------------

【お知らせ・お願い】

2011.04~ ねこひと会では原発事故によって取り残された猫達の保護を行っております。
ねこひと会で保護している猫達の一覧はこちら → 福島県で保護した犬猫たち

避難によってはぐれてしまったペットをお探しの方には下記ページ・冊子を教えてあげて下さい。
Google Animal Finder
東北地震犬猫レスキュー.com
 ネット環境がある方はこうした被災動物を探す為のサイトをご利用下さい。
計画区域等で保護された動物たちのリスト集
 ネット環境のない方の為にわかにゃんさんが冊子を作成して配布して下さっています。
 市区町村の行政窓口や避難所等にも置いてありますが、入手が難しい方はお問合せ下さい。

ねこひと会では、計画避難区域の飼い猫の一時預かり様、
里親覚悟の長期預かり様を募集しています。
また、猫の移動(ボラ宅→預かり様宅)の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら →

------------------------------------------------------------
■ 譲渡会@亀有(猫の里親をさがす会)
日時:毎週日曜 13時半~17時(天候・季節によって時間は多少の変動有)
場所:亀有駅南口方面(上記リンク先に地図有)
たくさんの猫達が里親さんを待っています。
会場に来る子は子猫が多いですが、大人猫も多数保護されてます。
「こんな子はいませんか?」というご相談にも応じられます。
足立区・葛飾区の方、近いですから是非いらして下さいね!
(主催者のルナトンさんのご厚意でtana宅猫sもしょっちゅう参加させて戴いています。)
------------------------------------------------------------
[PR]
by madam_zoo_annex | 2012-07-08 11:00 | 動物あれこれ
シャム
昨年末から闘病していた、tittiさんのところのシャムが旅立ちました。
http://sun.ap.teacup.com/nekonoko/471.html

シャムを知らない方に説明しますと、
彼は物凄く温厚でおっとりした子で、譲渡会@中目黒の看板猫でした。
体調が悪くなければ譲渡会会場にもやってきてCCHのレジ台の上でシャム店長として店番していました。
目が小さくて、体が大きくて、誰でもウェルカムで、どうしようもない位に愛らしい子でした。

kouさんと一緒に、シャムに会ってきましたが、
どこかに行ってしまったシャムの姿はどうにも悲しくて仕方ありませんでした。
逸材の逝去を惜しむというより、見知ったシャムがいなくなった事が悲しかったです。

でもきっと今頃ニャン太と一緒にtittiさんを見守っていると思います。

tittiさんとシャム
a0066779_3212451.jpg






ランキングに参加中
↓↓↓↓ 1日1ポチ、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
------------------------------------------------------------
a0066779_1891886.jpg

■ 車上猫レスキュー・残された17頭

a0066779_1474473.gif

■ 世田谷区連続猫虐待

a0066779_2124769.jpg

■ 子猫の里親会
(tana宅の子猫も参加させて戴く時があります。)
------------------------------------------------------------

More
[PR]
by madam_zoo_annex | 2011-01-11 22:43 | 動物あれこれ
福岡市の取り組み
野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ

 福岡市が来年度から、市内2カ所の動物管理センターで野良猫に不妊・去勢手術を施す検討をしていることが17日、分かった。手術する野良猫は住民有志らが日常的に世話をしている「地域猫」に限り、手術費は無料。行政による安易な殺処分を避けると同時に、地域ぐるみで動物愛護に取り組む住民の経済的な負担も抑える狙いだ。

 非政府組織(NGO)「地球生物会議」(東京)によると、猫の不妊・去勢手術に取り組む住民組織や手術費を助成する自治体はあるが、自治体自らが野良猫に手術をするのは「全国でも初めてではないか」という。

 計画によると、手術は同市の東部、西部両動物管理センターの獣医師が行う。一般に動物病院で不妊・去勢手術をした場合、猫1匹当たり1万‐2万円超が必要とされるが、給餌やふん処理など地域猫活動に携わる住民が持ち込んだ猫は、無料にする。対象となる猫の数が分かっておらず事業規模は未定だが、市は「多額の経費は不要」と見込んでいる。

 同市は昨年度、動物管理センターに持ち込まれたり、捕集したりした約2700匹の猫を殺処分した。市は「殺処分の半減」を10年後の目標に掲げ、不妊・去勢手術によって野良猫の自然減を目指す。同時に、猫に優しい環境づくりも検討するという。同市生活衛生課は「手術と地域猫活動の広がりで、失われる不幸な命を減らし、人と猫が共生する社会をつくりたい」と話している。

=2008/12/18付 西日本新聞朝刊=


福岡市ってどの位地域猫活動が盛んなのか知りませんが、
行政がこうしたやる気を見せてくれるのは本当に有難い事だと思います。
今、都内では荒川条例のような、
餌やるなら罰則、等という短絡的で乱暴な行政の対応/風潮が見え隠れしています。
変な餌やり(生肉路上にばら撒きとか)は確かにどうにかした方がいいでしょうが、
他の命との共生できる社会を目指す事って大事だと思います。

私は命が尊いとか重いとか大事とか全く判りません。
そういう気持ちで猫活動してないんです。
ただ、生きちゃってる事自体はヒトもネコも他の生き物も仕方のない事だと思うんです。
命の循環の中に組み込まれちゃった事をどうこう言っても仕方ない、という意味です。
で、生きてる以上は無益な殺生は嫌だな、と思うし、
慈しめる気持ちを持つ事も私にとっては大事な事だとも思います。
なので、社会の在り方もそう在って欲しいという思いも強いのです。

愛護動物達の問題はそういう側面だけでは語りきれないですけども、
皆が気持ち良く過ごせる地域社会を構築したいものです。





----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-12-27 14:28 | 動物あれこれ
高齢者のペット一時預かり
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008022802091161.html
高齢者のペット一時預かり 都がボランティア事業構想 『一人暮らし』入院時に世話委託
 「ペットだけが家族」という一人暮らしのお年寄りが増えるなか、東京都は、飼い主が入院したり体調を崩したりしてほかに世話をする家族らがいないペットを、一時的に預かる仕組みづくりの検討を始めた。地域のボランティアが、飼い主の健康が回復するまで世話を代行する。二十七日の都議会本会議で、都が構想を明らかにした。

 都は、飼い主のやむを得ない事情で飼えなくなったペットを、動物愛護相談センター(世田谷区八幡山)で引き取っている。センターは新たな飼い主を探すが、見つからなければ殺処分している。

 二〇〇六年度は犬約四百匹、猫約千匹を引き取った。引き取りを希望する人の約三割が「自分の健康上の問題」を理由に挙げており、その多くが自分以外に面倒を見る人がいない一人暮らしの高齢者とみている。都は、本当はペットと別れたくない高齢者が、元気になった後に一緒に暮らせるような仕組みを模索していた。

 都の構想では、民生委員と、ペットの正しい飼育を普及啓発するため都民約三百人に委嘱している「動物愛護推進員」らによるネットワークを組織し、一時預かりに応じる。都は、新年度中に関係団体や市区町村と検討会を設置し、基本計画づくりを開始。一〇年度から一部地域でモデル事業を実施、一二年度からの本格実施を目指す。


自分の体調の為に家族である動物を手放さざるを得ないというのは
本当に切なく苦しい事でしょう…。
まして、唯一の家族がペットという高齢者の気持ち、
そこを思うと、こうした取り組みはとても良いのではないでしょうかね。
自分の年齢と動物の平均寿命を考えた上で動物と同居して欲しいとは思いますが、
長年連れ添ったコより先に自分が病気で倒れ入院なんかをしなければならなくなる…、
そういう事は考えられますし、やっぱり独りは寂しいものです。
「ただいま」と言って家に帰り「お帰り」と迎えてくれる家族が居るか居ないかでは、
帰宅時のほっとする感覚が大きく違います。
こういう計画は進めて欲しいなと思います。
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-03-03 09:39 | 動物あれこれ


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご案内
MADAM-ZOO管理人のtanaです。
猫関連の草の根活動家。
主に東京都足立区とその周辺にて、TNR活動、地域猫活動、付随する保護里親探し、被災動物関連、その他動物愛護絡みのことは常時色々と。
活動内容や保護猫について、きまぐれ更新しています。
(最近はtwitterでの簡易報告に押され中(汗) → tanafelis
2005年に保護した猫エイズ(FIV)の故怡怡(いい)&故愉愉(ゆゆ)以降、どういうわけか猫エイズキャリアの保護猫が途切れたことがありませんのでその記録も載せてたりします。
基本的に関わる殆どの猫はTNRしております。
保護の優先順位は、里親探ししやすい子ではなくて、生存が難しい子からなため、病猫のケアやら人馴れ訓練やらに追われること多し。
保護猫は基礎疾患の有無や年齢に関わらず、どの子も里親さんを募集しています。

★ tanaへのご連絡先
tanafelis@gmail.com

★ 里親希望さんへ
★ MADAM-ZOO
★ 過去の活動


譲渡会情報
譲渡会@亀有
毎週日曜(14時-16時半)
葛飾区亀有3-32-18 住友生命ビル1F 前
JR常磐緩行線亀有駅南口より徒歩3分、アリオ亀有近くです。
足立区・葛飾区および近隣地域の方で猫をお迎えしたい方はお気軽に見学にいらしてください♪

a0066779_21311560.jpg
検索
twitter
カテゴリ
全体
愛護活動
猫エイズと闘う
猫の病気
tana's 活動報告
info
【血縁cats】 ♂♀ 決定
【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【把生 hao】 ♂ 中止
多頭飼い崩壊SOS★ 終了
車上猫その後SOS★ 終了
【ちぐら丸・ビット】 ♂ 決定
【ゾロ・ショア】 ♂ 決定
【ボレアス】 ♂ 決定
【カイヤ・ミュウ】 ♀ 決定
【ち之助】 ♂ 決定
【小春 kohalu】 ♀ 決定
【ローナ・ニーナ】 ♀ 決定
【春宵 haruyoi】 ♂ 決定
【梅 ume】 ♀ 決定
【3エルズ】♂♀ 決定
【楓 kaede】 ♀ 決定
【みのり】 ♀ 決定
【小虎 kotora】 ♂ 決定
【ウィル】 ♂ 決定
【グレース】 ♀ 決定
【虎玉 toratama】 ♂ 決定
【労働安全衛生6s】 ♂♀ 決定
【黒組】 ♂ 決定
【エイル】 ♀ 決定
【雪埜進】 ♂ 募集中!
【桃太】 ♂ 募集中!
【まりもs】 ♂♀ 決定
【綾音 ayane】 ♀ 決定
【天草s】 ♂♀ 決定
【ひらり】 ♀ 決定
【一押】 ♀ 決定
【ニンテンドー】 ♂ 決定
【ホリホー】 ♂ 中止
【漢方薬姉妹】 ♀♂ 決定
【トローチ】 ♀ 決定
【チュアブル】 ♂ 決定
★東日本大震災★
【猫】 他家預り
【犬】 他家預り
【棗】 ♀ 中止
【甘菜】 ♀ 決定
【黄連】 ♂ 中止
【天功】♂ 決定
【ブラン】 ♂ 決定
【灯かり】 ♀ 決定
【雨キョウダイ】♂♀ 決定
【飼育放棄長毛s】♀ 決定
【豆屋子猫】♂♀ 募集中!
【寿々影】♀ 募集中!
【七夕コンビ】♂♀ 決定
【幼獣マーゴ】♀ 募集中!
良縁を掴んだコ達
動物あれこれ
ウチの四つ足s
足立区55頭多頭崩壊
【宇宙船キョウダイ】♂♀募集中♪
【マルベリー】♀里親募集中♪
里親募集の猫たち
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧