MADAM-ZOO [別館] madamzoo.exblog.jp
カテゴリ:猫エイズと闘う( 25 )
猫エイズ考(病状の分類、モヤモヤと思う事)
知ってる方はよくご存知ですが、tana宅は基本的に常時、保護猫の猫エイズ率が高いです。
エイズの子を保護した事がない保護ボランティアもいますが、
私のところには常に猫エイズの保護猫がいると言ってもまず間違いありません。
(勿論、よんどころない体調とかでなければエイズキャリアでも里親さん募集中。)
私が猫ボラをやってる限りそれは変わらないと思うし、
何年先になるかは分かりませんが引退したとしても変わらないと思います。
(↑ 自分の猫としてエイズキャリアを優先的に置くだろう、という意。)

今(2012.06現在)だと、
東京組は、ショア・雪埜進・桃太、
福島組は、97番(ななみー)・98番(はちそま)・198番(明ケル)、がエイズキャリアです。
(注:明ケルはまだ公開してませんー^^; 隠してるわけではなくて、後回しになってるだけです。。。)

別に、エイズキャリアの子に特化してるわけではありません。
エイズキャリアで行くところ(保護場所)がない、と聞くと、
私も(可能な範囲で)ほっておけないというのは確かにあるんですが、
私の保護基準の優先順位が、弱ってる子・外生活は厳しそうな子からだからというのもあると思います。
(里親さんがすぐ決まりそうな子、が第一位ではないんですよ、私の場合。。。)
また、エイズの子だからこそ、
環境変化やストレスの少ない室内で暮らさせてあげたい、ぬくぬくの家族を見つけてあげたい、とも思い、
今に至るというところでしょうか。

で、そんなわけで猫エイズキャリアの子もかなり多数保護してきているのですが、
見ていて思うのは、ステージとかに関係なく、いくつかのパターンには分けられるような気がします。
a: キャリアだけども非キャリアの子と変わらない子
b: やや免疫力が弱く風邪などはかかりやすい傾向がある子(慢性炎症関係はあっても、厳しくはない)
c: 風邪だけでなく、慢性的な口内炎・鼻炎・結膜炎などにしつこく悩まされる子
d: 虚弱で常時あれこれあり(命に危険があるのではと心配になるような)、とにかく低空飛行の子
こんな感じ。
一般的には、ステージが進んで、a→b→c→d、と移行していくと思われていて、
それはあながち外れているわけでもないのでしょうが、
猫エイズウィルス自体が等しくないように私は感じます。
もしくはウィルスが影響する場所が異なりまくるのか…。
かなり若い時分からcやdだったり、
感染から長く経ってるだろうけどもaやb程度だったり、
無い事もないような。
純粋にステージが進んだらこうなっていく、という事だけではないんじゃないですかねぇ???
(直接の死因となるかどうか・短命かどうかという事については私は経験値が不十分で語れません。)
私のかかりつけに聞いてみても、
全く or 殆ど非キャリアと変わりなく過ごし突然ガタっとくる子と、
ずっと不調続きであれこれある子がいる、みたいな話をしていました。

まあ、病態的な違いとか影響とかは非常に気になりますがそれは専門家に任せるとしても、
把生くんみたいな突然の重い貧血なんかにぶち当たり、
「エイズの影響も否定できない」等と言われると、
ええ?本当に?どこでどう確かめての事?第一、非キャリアでも同じような子いるじゃないの?
と激しく懐疑的に受け止めつつも、
無関係という証拠もないので不安とか疑問とかいっぱいにはなりますね。

人間の病気でもたくさん分からない事はありますから、
歴史の浅い(ペットと言われる飼育動物の)獣医療では何をか言わんですが。
結構こういう細かなモヤモヤは日々尽きません。





ランキングに参加中
↓↓↓↓ 1日1ポチ、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
------------------------------------------------------------

【お知らせ・お願い】

2011.04~ ねこひと会では原発事故によって取り残された猫達の保護を行っております。
ねこひと会で保護している猫達の一覧はこちら → 福島県で保護した犬猫たち

避難によってはぐれてしまったペットをお探しの方には下記ページ・冊子を教えてあげて下さい。
Google Animal Finder
東北地震犬猫レスキュー.com
 ネット環境がある方はこうした被災動物を探す為のサイトをご利用下さい。
計画区域等で保護された動物たちのリスト集
 ネット環境のない方の為にわかにゃんさんが冊子を作成して配布して下さっています。
 市区町村の行政窓口や避難所等にも置いてありますが、入手が難しい方はお問合せ下さい。

ねこひと会では、計画避難区域の飼い猫の一時預かり様、
里親覚悟の長期預かり様を募集しています。
また、猫の移動(ボラ宅→預かり様宅)の際の搬送ボランティアさんも募集しています。
詳細はこちら →

------------------------------------------------------------
■ 譲渡会@亀有(猫の里親をさがす会)
日時:毎週日曜 13時半~17時(天候・季節によって時間は多少の変動有)
場所:亀有駅南口方面(上記リンク先に地図有)
たくさんの猫達が里親さんを待っています。
会場に来る子は子猫が多いですが、大人猫も多数保護されてます。
「こんな子はいませんか?」というご相談にも応じられます。
足立区・葛飾区の方、近いですから是非いらして下さいね!
(主催者のルナトンさんのご厚意でtana宅猫sもしょっちゅう参加させて戴いています。)
------------------------------------------------------------
[PR]
by madam_zoo_annex | 2012-06-22 23:41 | 猫エイズと闘う | Comments(2)
猫エイズ発症についてつらつら
別サイトの方で猫エイズについてまとめていますが、
今後はこちらで猫エイズの事を追記していこうと思います。
新着情報があればやはりこちらに書きます。
宜しくお願い致します<(_ _)>

----------
私のブログに「猫エイズ 発症」というような項目で検索して見にいらっしゃる方が少なくないので、
まずは猫エイズ発症について今私が考える事をつらつら書きます。

2011年02月現在、猫エイズ発症の基準として、
何らかの検査項目の数値が幾つ以上(以下)、等というラインはありません。
あくまで、臨床症状を診て総合的に獣医師が判断し、
「おそらく発症とみていいだろう」という診断を出すだけです。
発症後の症状は色々あります。
一番多く見られる症状は口内炎(歯肉炎・舌炎等も含む)ですね。
(※猫は案外口内炎が多く、且つ、難治性だったりします。全ての口内炎が猫エイズではありません。)
故怡怡の場合も口内の状態は非常に悪く、口の中がどこもかしこも痛々しい状態でした。
舌炎が潰瘍までいってましたし、涎も流しっぱなし、食べるのも柔らかいモノ。
猫は我慢強く痛みにもかなり堪える動物ですがそれでもやはり痛そうな感じは見受けられました。
口内炎の他には、というと、食欲減退・皮膚炎・脱水・極度の痩せ、等がみられます。
日和見感染を起こし易くなるので、健常猫なら何でもないウィルスや菌によって
風邪のような症状を引き起こす事もあります。
故怡怡の最期の方の闘病の様子は少しだけUPしていましたが、ほぼどれも該当していました。
元気が極度になく非常にだるそうなのもありました。
猫エイズ発症後の闘病はかなりしんどいモノがあります。
猫も、看病する人も。
食餌は食べ易いモノにしたり、食いつきの良いモノを与えたり、皮下点滴をしたり、ステロイドを打ったり…。
(あとは、とにかく愛おしいという気持ちを伝え続けたり。)
対症療法しかないとはいえ、それで幾らか楽になったり気持ち良く過ごせたりしますから、
せっせと出来る事をやるわけです。

ですが、それは猫エイズに限った事ではありません。
他の病気で亡くなる場合も、最期の方は大概しんどく大変です。
見ているのが辛いのも同じです。
食欲減退や元気消失、脱水、痩せ、、、といった事は病に侵された身にはどれも起こる事です。
その為に四苦八苦して(結果的に)対症療法を行うのも同じです。
猫エイズだから特別辛いわけではなく、どんな病気に罹患し闘病しても、同じように辛いのです。

生き物(ヒトも含め)とともに生きるという事は、
そういう困難や辛さをも内包するという事ではないでしょうか。
誰しも病魔に侵される可能性はあるように、猫だっていつどんな病気になるかは分かりません。
猫エイズだけが特別どうというわけでは決してありません。

看病を通し、私はたくさんの深い思いと、どこからともなく湧き上がる愛情、
そんなものを与えられたように感じています。
辛かったけれど、それ以上に存在そのものを愛おしむ気持ちが強かったです。

生き物ならば色々な事がある。
猫エイズを発症したとしても、どうか悲観ばかりに囚われないで下さい。
辛い事しか待ち受けていないわけではありませんから。





ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ 1日1ポチ、お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
------------------------------------------------------------
a0066779_1891886.jpg

■ 車上猫レスキュー・残された17頭

a0066779_1474473.gif

■ 世田谷区連続猫虐待

a0066779_2124769.jpg

■ 子猫の里親会
(tana宅の子猫も参加させて戴く時があります。)
------------------------------------------------------------
[PR]
by madam_zoo_annex | 2011-02-05 23:14 | 猫エイズと闘う | Comments(0)
闘病後記
猫エイズと闘う、としてウチの怡怡の事を書き記してきました。
でも、猫エイズキャリアの猫さんと同居されてる方には、
「結局死んじゃうじゃないか!」と悲観されないで戴きたいのです。

怡怡は劣悪環境下から保護された子です。
蚤と糞尿(人間のも含む)にまみれ、ガリガリに痩せ、
保護された段階で既に病状がかなり進行していました。
猫エイズ発症かどうかの線引きは、人間のエイズ程明確でなく、
臨床的に言って…という結構アバウトなものなのですが、
2006年年明け早々に、「発症してるとみていいんじゃないか」と言われていました。
(保護されたのは2005年7月。)
そう宣告されてから漢方薬を使い出したのですが
それが功を奏したのか、舌炎と喉の炎症を除いて、
口内炎がかなり良くなっていました。
時々ステロイドのお世話にはなっていましたが、
それなりに状態は安定していました。
少しずつの体重減少が始まったのが、2008年に入ってからでしょうか。
ステロイドにお世話になる間隔も短くなってきて、
これだったら漢方を続けるのもあまり意味がないかも、、、と思った事、
あと、金銭的に高価な漢方を続けるのが厳しくなった事、
それで、漢方薬の投与を止めたのです。
続けていたらどうなっていたか…それは分りません。
まあ続けていてもやっぱり少しずつ体が削られていたのではないかな、と思います。

エイズキャリアの子を抱えている方に言いたいのは、
キャリアの段階ならば、まだまだ充分闘える、というか、
特に闘う必要もない、という事です。
今までキャリアの子を見てきてますが、
どの子もごく普通の猫と変わりなく暮らしています。
中には難治性の口内炎に悩まされる子もいるでしょうけれども
(エイズに限らず猫の口内炎は治り難い事が多いです)、
特に何も治療せずに暮らしている子もたくさんいます。
キチンと不妊去勢をして完全室内飼育、相性が極端に悪くなければ、
他のノンキャリア猫との同居も可能です。
キャリアである事は健康管理を行う上で留意しなければなりませんが、
ただそれだけです。

キャリアの子達が発症せずに天寿をまっとうする事、
猫エイズへの偏見や無用な畏れが少しでもなくなる事を、
心から祈ります。

※ 怡怡は亡くなりましたが、ウチではエイズキャリアの預かりっ子もいますし、
  里子ちゃんでエイズキャリアの子も居るので
  時々このカテゴリも更新します。
  宜しくお願い致します。





----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2009-03-17 10:15 | 猫エイズと闘う | Comments(8)
慟哭
a0066779_0353486.jpg


本日3時過ぎ、怡怡、永眠致しました。
かなり苦しそうな呼吸をしていたので、何とか楽な体勢をとらせながら、抱いて温め…。
抱きながら、片手で怡怡の呼吸と鼓動を確かめ…。
私の腕の中で、息を引き取りました。

怡怡と愉愉は千葉のホームレスからレスキューされた子です。
二人とも、ガリガリに痩せて、蚤だらけで、物凄く汚れ、衰弱していました。
そのホームレスから動物達を渡してもらうのはかなり難航したのですが、
怡怡と愉愉は「(もう死ぬだろうから)持っていけ」とたやすく投げ出され助け出されました。
私は怡怡と愉愉を迎えてから、まだ残されている犬と猫が居る事を知り、
レスキューに参加したのです。
私の猫活動の発端でした。

愉愉はFIPを発症し、来て3ヶ月程で亡くなったのですが、
怡怡は3年半、頑張って生きてくれました。
本当に酷い状態で、来て当初は酷い下痢を抑えるのに苦慮しました。
口内炎も抜歯しても治まらず、舌炎や喉の炎症も酷くて。
ヨダレもダラダラで時には出血もしていました。
漢方薬で口内炎やヨダレは随分改善されたのですが、
それでも完璧に炎症を抑える事は無理でした。
(舌炎や咽頭炎等は根強く残っていました。)
こんな状態までエイズが進行したのはやはり元の環境が劣悪だった事に起因すると思います。

怡怡は痛みから解放されたと思いますが、
私はどこまでも哀しく苦しく辛い思いです。

怡怡のヨダレ掃除はもうできない。
怡怡の食事介助ももうできない。
怡怡と一緒に夜を眠る事もできない。
怡怡の温もりと重さを感じながら、怡怡の息遣いを感じながら、共に生きる事はもうできない。

怡怡は手のかかる子でしたし、
私はやれる事を全部やっているように思っていましたが、
もっと話しかけたり、もっと一緒にベッドでうだうだと寝てみたり、すればよかったと。
とにかくもっとたくさんたくさん色々、もっと、もっと。

泣いても泣いても、どれだけ泣いても、足りない。

「怡」とは、心がやわらぎ楽しむ様、という意味です。
そう在って欲しくて名づけました。
怡怡、ウチに来て、良かった?
いつも口や喉が痛かっただろうけども、安心して暮らせた?
私はヘタレだから「愚かなヤツ」と思ってただろうけど、そんな私が看取る事になって良かった?

慟哭。
怡怡、ヘタレな私は怡怡が居なくなる事を受け入れられないよ。




----------------------------------------
里親詐欺のYHについての情報をお持ちの方、ご連絡下さい。
tana★nekohito.org(★を@に変えて下さい)


※ 市川市で里親詐欺 ※


----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2009-02-20 23:39 | 猫エイズと闘う | Comments(24)
心中複雑。
怡怡の容態ですが、その後悪化の一途を辿っています。

流動食の強制給餌も頑なに拒否するようになり、
栄養を摂らせる事が殆ど出来ません。
手足等末端の体温が下がっているし、
自力でトイレに行く事もできなくなりました。
体の近くにカイロを入れて掛布団を掛けてやり、
お尻の位置にペットシーツをしいておき。
夜には皮下補液100-150ml(脱水が酷いのでやり難い…)。

昨晩、試しで流動食5mlに小さじ1杯位の三温糖を混ぜて飲ませてみたら、
何とかごくんと飲んでくれました。
そのせいか、今日の日中は少し自力で動いたりして、
窓辺で日向ぼっこしたい、と。
しばらくお日様にあたって気持ち良さそうにしていました。

「お日様とやらは気持ちよい」 そうだね(^-^*
a0066779_23591510.jpg

毛がばっさばさだなぁ…保護時から毛並みは悪かったけども…。

体温が下がってるのが気になり、
少しはいいかと思って服を着せてみました。

「あんまり変わらんぞ…」 んー、、、似合うからまあいいじゃん(^-^;
a0066779_0102851.jpg


フード被らせてみたり。
「…病人で遊ぶな」 あはは、不審者ちっくだー
a0066779_0373633.jpg


空元気も元気のうち。
暗い顔は見せないようにしています。




----------------------------------------
里親詐欺のYHについての情報をお持ちの方、ご連絡下さい。
tana★nekohito.org(★を@に変えて下さい)


※ 市川市で里親詐欺 ※


----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2009-02-19 00:39 | 猫エイズと闘う | Comments(6)
怡怡の具合、悪し
里親詐欺のYHについては情報が入ってきていますが、
まだ公開できる事ではないのでしばしお待ち下さい。


※ 市川市で里親詐欺 ※

----------
何度か書いてはいたものの、見通しの暗さで逡巡し、消してたのですが、
それでは経過をお見せする事にならないと思い書きます。。。
(弱小ブログで、まして猫エイズの事の為に訪れて下さる方はごく僅かだとは思いますが…。)

昨年末鼻カテに失敗し、
経口での流動食強制給餌を続けつつ、何とか自力でも食べさせていたのですが、
年が明けてから目に見えて食が細くなり、
1/16日にステロイド+抗生物質の注射をしてもらいました。
ところが、ステロイドの効果があまり出ていない。。。
その上、長期間(2-3ヶ月)効果の続くステロイドにも関わらず、
10日程で食べない状態に戻ってしまい…。
どんどん痩せてしまってガリガリで骨と皮だし、
痛みのストレスだとも思うんですが毛を毟る癖があり腹部が丸ハゲになって余計に痛々しく。

猫によって違いますが、怡怡はa/d缶強制給餌が大嫌い。
普段の練りゴハンを小さなボールに握って無理矢理口の中に放り込むのも勿論拒否。
液体だと何とか飲んでくれるんですが、
それでも無理矢理飲ますのはなるべくやめてくれ、という感じ。
少量で高栄養にする為に流動食にa/d缶を溶いて与えるも、
一度にせいぜい50ml程度も飲めば御の字。
何度も口の中にシリンジを突っ込まれ続けると「いい加減にやめれ!」と拒否モードになるので、
1日に何度も与えるのも厳しいんですね(>_<)
人でも、無理矢理の食事と、自発的に(お腹が空いて)食事するのとでは、
食に対するモチベーションが全然違うじゃないですか。
猫も一緒ですね。
だから、「そろそろ俺も腹減った」とベッドから出てきてくれる時がチャンス。
そういう時は量は少なくても自力で食べてくれます。
食べてくれれば流動食はたくさん与えなくても済むのでお互い嫌な事が少なくなります。

今は怡怡がのそっと起き出して「腹減った」とつぶやくのを過敏にキャッチするようになって
何とか一日2食は自力で食べさせられるようになってます。
足りなければ流動食を少し強制で飲ませますが。
山あり谷あり、道のりは険しいです。
でも私が落ち込んだり沈んでたりしてたらそれが怡怡にも伝播してしまうようにも思い、
なるべく威勢良く暮らすようにもしています。
介護者(私^^;)が倒れちゃダメですからね。

お腹丸ハゲ… (T-T)
a0066779_10495223.jpg


猫ちぐらにinしてる怡怡 コレに入ってる時は少しは具合が良い時
a0066779_10463734.jpg


しっかし、こんな際どいところで頑張ってるコってどの位いるのかなぁ…。





----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2009-01-29 09:47 | 猫エイズと闘う | Comments(8)
鼻カテーテル失敗(ー"ー )
ここ数日、寒いせいもあるかもしれませんが、
怡怡の食欲がすっかり落ちてしまって、流動食にa/d缶を溶かして強制給餌しています。
ステロイドが効いてる期間も短くなってきているような…。
そんなわけで、久しぶりに船橋のK動物病院に行ってきました。
調度車を出して戴けたので。。。

「病院だな!冗談じゃない、何で行くんだ!」 そういう元気はあるのね(´へ`;)
a0066779_13592320.jpg


以前、食べられないようなら胃瘻という手もある、という事を言われていたのです。
が、感染症を併発してしまうとOUTなので、
肝臓・腎臓に特に問題がなさそうならば、
鼻カテーテル(経鼻経管栄養法)をやってみてはどうだろうか、と。
血液生化学検査をし、臓器の方は問題なしだったので、
カテーテルを入れてもらう事にしました。
点鼻の局所麻酔をかけて。

「何すんだよ」 ちょっと我慢、ちょっと我慢
a0066779_1475663.jpg


体重は3.5kgなので一日に流動食1パック注入、
もし口から食べるようならカテーテルが入ってる事は問題ないから食べてOK、
150ml/dayの皮下補液もしてOK、
等等、
色々訊いて、流動食と50mlシリンジとリンゲル1Lを購入して帰路についたのですが。

帰り道、ものの10分もしないで
カシカシと不快なモノ(カテーテル)を外してくれました…orz
今つけてきたばっかりじゃーん!!!
速攻病院に電話して「もう外しちゃったんですけどー(>_<)」と言ったら、
なら付け直しても無駄なので(また外しちゃうだろうから)、
そのまま口からの強制給餌で…という事に。。。
全く、いっくん先生、やってくれるわ。。。

帰宅したら
「腹減った。」
…いっくんよ、お前さんというヤツは…。
いくらかは自力でフードを食べたので、ついでに補助で流動食を強制給餌し。
口の中の様子としては口内炎はそれ程ではないのですが
舌炎がかなり酷く、それが食べ難さの原因になっているのは間違いないでしょう。

ぶっちゃけで、寿命的なところはどの位持ちますかね…と
一番不安な質問もしてきたんですが、
「体重の減少が1日10%とかだと危ないけども、そうじゃないなら結構持つよ」と。

しばらく皮下補液と流動食強制給餌、頑張ります。
舌炎が良くなるといいんですけどね…。
この半年位、漢方を止めてるんですが、再開も考えます。

「変な事しやがって!」 やつあたりで爪とぎをするいっくん先生
a0066779_14474898.jpg






----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-12-26 14:57 | 猫エイズと闘う | Comments(0)
大人気ないよ…
いっくん先生のヨダレやら何やらで汚い猫ベッドですが、
ロイくんと華・絢コンビが猫ベッドでまったり。
そこにいっくん、
「ここは俺のベッドだ」
と言わんばかりに強引にベッド・イン。。。

容赦なくチビ二人の上にどすっと入るいっくん…。
a0066779_171693.jpg


華・絢「えー!おじちゃん、入ってくるの(>_<)」 いっくん、Going my way だから…
a0066779_1735035.jpg


結局、チビ二人はベッドから押し出され不満顔。。。
いっくんよ、そりゃ酷いってもんだぜ…?
a0066779_1751138.jpg


…それにしても、ロイくんが大きくなってるのにちょっと吃驚。
いっくんより福々しい体付きになっている…。
体重を量ったら4kgありました(゚∀゚;)おっきくなったなあ。
a0066779_177275.jpg






----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-11-15 16:57 | 猫エイズと闘う | Comments(0)
寒い季節は温かい食べ物
11月も半ばですから、当たり前と言えば当たり前ですが、
寒い日が続きますね。。。
いっくん先生もゴハン時以外はベッドの羽毛布団の中に潜り込んで寝ています。

ここのところ、ゴハンの食い付きがイマイチないっくん先生。
いっくんのゴハンはドライをふやかしたモノとペースト状のウェットを混ぜてますが、
どちらも冷蔵保存なので、出したては冷たいのです。
もしかして…と思って、熱湯をちょこっと足して"ぬるい"位の温度で供したら、
バクバク食べだしました…やっぱり…冷たいのが嫌だったんだ…。
まあ、人間も寒い季節は鍋とか温まる食事をしたいですからね…。

「早くゴハンくれ。」 寒いのでダンボール箱の中でゴハン待機するいっくん先生
a0066779_19301770.jpg






----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-11-11 19:31 | 猫エイズと闘う | Comments(2)
マグロ祭開催
今日はスーパーで安く売っていたマグロのアラを茹でて、
夕ゴハン時にご提供。マグロ祭でした。
がっつくのは新人3名(ガイラくん、ロイくん、柚ちゃん)。
大きな骨を除いて塊をほぐす間も待てないで器に顔を突っ込んできたり。。。

怡怡も食べたそうな感じだったので、
普段の練りゴハンにアラをより細かく潰して混ぜてご提供。
ガツガツ食べてくれました(^-^*

「俺はどっちかというと肉派だけどな。たまには魚もいいな。」
a0066779_085365.jpg


ゴハンを終えて、いっくん先生専用(になってしまった)ベッドでまったり。
週末の良い天気に便乗して
ヨダレで激しく汚くなってたいっくん先生をシャンプーしたので白毛が白い!
何だか全然いっくんぽくないポートレート(^-^;
a0066779_0125361.jpg


最近はしっかり食べてますが、
下半身の肉は落ちてしまって、骨がゴツゴツです。
食べてもあんまり身に成らない感じなんですよね…。
ジャンプしたり走り回ったりしないので余計下半身が落ちるんでしょうかね。





----------------------------------------
ランキングに参加中(^-^*
↓↓↓↓ポチっとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
[PR]
by madam_zoo_annex | 2008-10-19 22:03 | 猫エイズと闘う | Comments(4)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ご案内
MADAM-ZOO管理人のtanaです。
猫関連の草の根活動家。
主に東京都足立区とその周辺にて、TNR活動、地域猫活動、付随する保護里親探し、被災動物関連、その他動物愛護絡みのことは常時色々と。
活動内容や保護猫について、きまぐれ更新しています。
(最近はtwitterでの簡易報告に押され中(汗) → tanafelis
2005年に保護した猫エイズ(FIV)の故怡怡(いい)&故愉愉(ゆゆ)以降、どういうわけか猫エイズキャリアの保護猫が途切れたことがありませんのでその記録も載せてたりします。
基本的に関わる殆どの猫はTNRしております。
保護の優先順位は、里親探ししやすい子ではなくて、生存が難しい子からなため、病猫のケアやら人馴れ訓練やらに追われること多し。
保護猫は基礎疾患の有無や年齢に関わらず、どの子も里親さんを募集しています。

★ tanaへのご連絡先
tanafelis@gmail.com

★ 里親希望さんへ
★ MADAM-ZOO
★ 過去の活動


譲渡会情報
譲渡会@亀有
毎週日曜(14時-16時半)
葛飾区亀有3-32-18 住友生命ビル1F 前
JR常磐緩行線亀有駅南口より徒歩3分、アリオ亀有近くです。
足立区・葛飾区および近隣地域の方で猫をお迎えしたい方はお気軽に見学にいらしてください♪

a0066779_21311560.jpg
検索
twitter
カテゴリ
全体
愛護活動
猫エイズと闘う
猫の病気
tana's 活動報告
info
【血縁cats】 ♂♀ 決定
【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【把生 hao】 ♂ 中止
多頭飼い崩壊SOS★ 終了
車上猫その後SOS★ 終了
【ちぐら丸・ビット】 ♂ 決定
【ゾロ・ショア】 ♂ 決定
【ボレアス】 ♂ 決定
【カイヤ・ミュウ】 ♀ 決定
【ち之助】 ♂ 決定
【小春 kohalu】 ♀ 決定
【ローナ・ニーナ】 ♀ 決定
【春宵 haruyoi】 ♂ 決定
【梅 ume】 ♀ 決定
【3エルズ】♂♀ 決定
【楓 kaede】 ♀ 決定
【みのり】 ♀ 決定
【小虎 kotora】 ♂ 決定
【ウィル】 ♂ 決定
【グレース】 ♀ 決定
【虎玉 toratama】 ♂ 決定
【労働安全衛生6s】 ♂♀ 決定
【黒組】 ♂ 決定
【エイル】 ♀ 決定
【雪埜進】 ♂ 募集中!
【桃太】 ♂ 募集中!
【まりもs】 ♂♀ 決定
【綾音 ayane】 ♀ 決定
【天草s】 ♂♀ 決定
【ひらり】 ♀ 決定
【一押】 ♀ 決定
【ニンテンドー】 ♂ 決定
【ホリホー】 ♂ 中止
【漢方薬姉妹】 ♀♂ 決定
【トローチ】 ♀ 決定
【チュアブル】 ♂ 決定
★東日本大震災★
【猫】 他家預り
【犬】 他家預り
【棗】 ♀ 中止
【甘菜】 ♀ 決定
【黄連】 ♂ 中止
【天功】♂ 決定
【ブラン】 ♂ 決定
【灯かり】 ♀ 決定
【雨キョウダイ】♂♀ 決定
【飼育放棄長毛s】♀ 決定
【豆屋子猫】♂♀ 募集中!
【寿々影】♀ 募集中!
【七夕コンビ】♂♀ 決定
【幼獣マーゴ】♀ 募集中!
良縁を掴んだコ達
動物あれこれ
ウチの四つ足s
足立区55頭多頭崩壊
【宇宙船キョウダイ】♂♀募集中♪
【マルベリー】♀里親募集中♪
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
鍵コメさん FIVの持..
by madam_zoo_annex at 23:55
うすらぼんやりの計画、う..
by マコ妻 at 09:23
★マコ妻さん やはりそ..
by madam_zoo_annex at 14:42
ご自宅ソファに猫除けネッ..
by マコ妻 at 08:22
★はなママさん 嘴とん..
by madam_zoo_annex at 16:54
泣けるよ、本当に。 ち..
by マコ妻 at 08:16
嘴とんがり、痛いところ治..
by はなママ at 22:27
★ 鍵コメさん はじめ..
by madam_zoo_annex at 16:16
★ マコ妻さん 今皆ウ..
by madam_zoo_annex at 23:40
これみんなtana家にい..
by マコ妻 at 08:35
以前の記事
記事ランキング
画像一覧