MADAM-ZOO [別館] madamzoo.exblog.jp
TNR現場の全身疥癬猫
先の水曜の晩、ルナトンさんと宇宙船チビたちをお見合いに連れていった帰り道、
ちょっと気にしている現場に立ち寄りまして。
数年前、ルナトンさんがTNR協力をして一旦完了した場所ですが、
ここ最近どうも未手術がいるんじゃないか、と話していた場所。
(餌やりからは連絡なし。)
そうしたらとんでもない疥癬罹患猫に遭遇。
向こうから猫が歩いてくるな、なんかおかしな感じするな、と凝視してたのですが、
二人で「うわっ!」と思わず言うレベルに、
全身毛抜け&ぼっこぼこのご面相に変貌していました。。
私も随分前に一度だけ見掛けたことがあるキジトラ長毛のオスらしいのですが、
言われなければ最早分からないレベル。。
ひとまず私がひきつけつつで見張り、ルナトンさんがレボリューションを取りに行き。
具合も良くないのでしょうけど、元々人馴れしているようで無事駆除薬滴下。
来月頭にもう一度やれば完治するかね、と話しつつ…
この現場、私が気がついた時には一段落してたのでTNRにはちょこっとしか協力してないのですが、
ルナトンさんよりは私の方がよく通る場所なんでしばらく注意して見ておきます。
ひとまず一回目だけでも相当痒みが引くはず。

ここは複数餌やりがいて、TNRに(それなりに)積極的な人もいるところにも関わらず、
ここまでいくまでどうして平気で放置するかなぁ…とモヤモヤします。。
(疥癬は猫の場合頭部に顕著な症状が出るので、
餌やりしてればもっと前からおかしいことにはとっくに気がついてるはず。)
ばっと見にも「汚ない野良猫がいる!」となるし、
他の猫にも蔓延する可能性もあります。
特殊な条件下でなければ移らないとはいえ一応人獣共通です。。

私の餌やりに対する不服の中で、大きいモノの一つがこういうことで、
疥癬なんてのは今はかなり安全に、簡便に、廉価で、取り去ってやれるのに、長期間放置。
餌やりの数名はTNRで捕獲を手伝ったルナトンさんの連絡先だって知ってるのでいつでも相談しようと思えばできるんですよ。
聞いてくれれば「レボリューションで解決」なんて知識、我々出し惜しみなんぞしません。
ルナトンさんに連絡せずとも、野良猫対策に協力的な動物病院が近くにあるのは不妊手術時に知ってるはずだし、
捕まらないなら携帯で写真撮って見せて相談したっていいわけで。
高額だとか、治療の労力が大きいとか、そんなならば餌やりする人が負担できないのもやむを得ないかもしれないのですが、
疥癬ならさくっと対策できてしまう。
大村先生のイベルメクチンによる寄生虫(線虫)対策はノーベル賞受賞と相成ったわけですが、
イベルメクチンが効力を発揮する線虫というものの中に、
犬猫でもお馴染みの回虫・フィラリア・疥癬が含まれます。
特に疥癬はイベルメクチンの経皮吸収1-2回で劇的に改善します。
(タヌキもね。)
近寄れない猫ならゴハンに仕込んで食べさせてもOK(経口も効く)という優れもの。
一昔前の大型家畜用とかしかなかった時代じゃあるまいし、
犬猫に安全に投与できる便利な薬も身近にあるのです。
しかも2回投与したとしても3-4000円程度でカタがつくはず。
(3-4000円を軽んじてるわけではありません。餌やりしてる人の1ヶ月の餌代って保護猫多数の私ですら驚くような額なのは珍しくなく、餌を少し工夫するだけで捻出できるはずなのが大半。)
不妊しないのもそうですが、可哀想と言うならやることありますよね、と本当に言いたい。
飢えるのが可哀想と餌やりしながら、病気や怪我に対しては「野良猫だし」でケアを考えもしないというのは
私からしたら矛盾ばかり強く感じるし、
猫への風当たりが強くなりそうなことをノーケアでいられるのも不思議だし、
人間が持って使えて伝えられる知識や道具って何なんだろうと哀しくもなります。。

…と結構な感情が発生してますが、
未手術も発見してしまったし(;´д`)
怒りと哀しみは斜め上くらいにぶつけつつ動力源に変えるしかない。

全身罹患猫は写真撮り損ねましたので、手元にある別の疥癬猫画像。
先月のでフォルダの上の方にあったので(笑)。
茶トラなんで分かりにくいかもしれませんが、
この猫も頭部が結構悲惨&体幹部も部分的に毛抜けでした。
(疥癬 猫、で検索すれば山ほど分かりやすい画像出てくると思います。該当する猫がいるなら動物病院へgo。)
a0066779_04163252.jpg





[PR]
by madam_zoo_annex | 2016-07-16 05:40 | 愛護活動
<< 【マルベリー】神経系の謎症状 【宇宙船キョウダイ】まだミルク... >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご案内
MADAM-ZOO管理人のtanaです。
猫関連の草の根活動家。
主に東京都足立区とその周辺にて、TNR活動、地域猫活動、付随する保護里親探し、被災動物関連、その他動物愛護絡みのことは常時色々と。
活動内容や保護猫について、きまぐれ更新しています。
(最近はtwitterでの簡易報告に押され中(汗) → tanafelis
2005年に保護した猫エイズ(FIV)の故怡怡(いい)&故愉愉(ゆゆ)以降、どういうわけか猫エイズキャリアの保護猫が途切れたことがありませんのでその記録も載せてたりします。
基本的に関わる殆どの猫はTNRしております。
保護の優先順位は、里親探ししやすい子ではなくて、生存が難しい子からなため、病猫のケアやら人馴れ訓練やらに追われること多し。
保護猫は基礎疾患の有無や年齢に関わらず、どの子も里親さんを募集しています。

★ tanaへのご連絡先
tanafelis@gmail.com

★ 里親希望さんへ
★ MADAM-ZOO
★ 過去の活動


譲渡会情報
譲渡会@亀有
毎週日曜(14時-16時半)
葛飾区亀有3-32-18 住友生命ビル1F 前
JR常磐緩行線亀有駅南口より徒歩3分、アリオ亀有近くです。
足立区・葛飾区および近隣地域の方で猫をお迎えしたい方はお気軽に見学にいらしてください♪

a0066779_21311560.jpg
検索
twitter
カテゴリ
全体
愛護活動
猫エイズと闘う
猫の病気
tana's 活動報告
info
【血縁cats】 ♂♀ 決定
【リク・コタ】 ♂♀ 中止
【把生 hao】 ♂ 中止
多頭飼い崩壊SOS★ 終了
車上猫その後SOS★ 終了
【ちぐら丸・ビット】 ♂ 決定
【ゾロ・ショア】 ♂ 決定
【ボレアス】 ♂ 決定
【カイヤ・ミュウ】 ♀ 決定
【ち之助】 ♂ 決定
【小春 kohalu】 ♀ 決定
【ローナ・ニーナ】 ♀ 決定
【春宵 haruyoi】 ♂ 決定
【梅 ume】 ♀ 決定
【3エルズ】♂♀ 決定
【楓 kaede】 ♀ 決定
【みのり】 ♀ 決定
【小虎 kotora】 ♂ 決定
【ウィル】 ♂ 決定
【グレース】 ♀ 決定
【虎玉 toratama】 ♂ 決定
【労働安全衛生6s】 ♂♀ 決定
【黒組】 ♂ 決定
【エイル】 ♀ 決定
【雪埜進】 ♂ 募集中!
【桃太】 ♂ 募集中!
【まりもs】 ♂♀ 決定
【綾音 ayane】 ♀ 決定
【天草s】 ♂♀ 決定
【ひらり】 ♀ 決定
【一押】 ♀ 決定
【ニンテンドー】 ♂ 決定
【ホリホー】 ♂ 中止
【漢方薬姉妹】 ♀♂ 決定
【トローチ】 ♀ 決定
【チュアブル】 ♂ 決定
★東日本大震災★
【猫】 他家預り
【犬】 他家預り
【棗】 ♀ 中止
【甘菜】 ♀ 決定
【黄連】 ♂ 中止
【天功】♂ 決定
【ブラン】 ♂ 決定
【灯かり】 ♀ 決定
【雨キョウダイ】♂♀ 決定
【飼育放棄長毛s】♀ 決定
【豆屋子猫】♂♀ 募集中!
【寿々影】♀ 募集中!
【七夕コンビ】♂♀ 決定
【幼獣マーゴ】♀ 募集中!
良縁を掴んだコ達
動物あれこれ
ウチの四つ足s
足立区55頭多頭崩壊
【宇宙船キョウダイ】♂♀募集中♪
【マルベリー】♀里親募集中♪
里親募集の猫たち
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧